《建設中レポート》六甲サンクチュアリ・ヴィラ&芦屋ベイコート倶楽部

建設中の芦屋ベイコート倶楽部(2017年9月時)

《前回の記事:有馬の歩き方 【エクシブ有馬離宮】

六甲ケーブル・ロープウェイのチケットウグイスの音色の余韻に浸りながら、六甲有馬ロープウェー『有馬温泉駅』を出発します。

ここから芦屋を目指すのに適した周遊券があったので、今回はこれを活用することにしました。
この周遊券を購入したときには、このあとのワクワクドキドキな体験ができるなんて想像すらしていませんでした。

まず六甲有馬ロープウェーに関しては、ほぼ想定内の運航で特に感動するというようなレベルではなかったのですが、到着した六甲山頂駅ですぐ目の前に飛び込んできたのは重機の存在でした。それが何を意味しているのかすぐに理解できましたが、感想は・・・

「六甲サンクチュアリ・ヴィラ」こんなに近いんだ!

これからオープンする六甲サンクチュアリ・ヴィラは、六甲山頂駅から本当に近い場所に建てられていたのです。

六甲山頂駅周辺六甲山頂駅周辺

ちなみにこの六甲山頂駅周辺は(関西の方々には当たり前のことですが)神戸の夜景を見下ろせる最高の場所に存在しています。

六甲山頂駅からの神戸の街並み

実際工事現場近くまで行ってみると、もうオープンも間近であることが伝わってきます。映像は、春先に行った時のものと、9月に行った時のものを掲載しておきます。この日も多くの方々が、一生懸命作業してくれていました。本当に有り難いことです。

建設中の六甲サンクチュアリ・ヴィラ(2017年9月時点)

建設中の六甲サンクチュアリ・ヴィラ(2017年9月時点)

建設中の六甲サンクチュアリ・ヴィラ(2017年3月末時点)

こちらは2017年3月末日 建設中の六甲サンクチュアリ・ヴィラ

オープン仕様で子供も大人も楽しい!六甲ケーブル

その後、山頂付近で買い物などして時間を潰した後は、バスで六甲ケーブルの『六甲山上駅』を目指します。このバスも購入した周遊券で乗ることが出来ますね。
そして、いよいよいい意味で期待を裏切られた体験をすることになります。

まず、六甲山上駅に到着して思うのは、「レトロな建物だなあ」という印象。

六甲山上駅六甲山上駅

しかし、それ以上に興奮したのは六甲ケーブルのインパクトでした。

かなり急な斜面を下っていくと、レトロでかわいい車輌が見えてきます。この時点でも、そこそこワクワクした感情が高まっているのですが、なんと2輌ある車輌のうち、先頭のものはなんとオープン仕様になっているではありませんか!

六甲ケーブル六甲ケーブル
六甲ケーブル六甲ケーブル

もちろん、迷わず先頭車輌に乗り込んだのは言うまでもありません。そして、いよいよ出発進行。

いい歳した大の大人がケーブルカーで興奮するのもどうかと思いますが、少なくとも言えるのは、雨でなかったら、先頭のオープン車輌に乗ることをオススメします。

特に子供たちには喜ばれることでしょう。少し大袈裟かもしれませんが、遊園地のアトラクションに乗っている錯覚にさえ陥るような体験ができました。

六甲ケーブル六甲ケーブル

かなりの急斜面を下りていくのですが、途中で上ってくる車輌とすれ違ったり、鳥のさえずりや心地良い風に触れながらの時間はとても贅沢で心地良い気持ちになりますよ。(ちなみに雨でもこの先頭車輌はオープン仕様らしいので、その点はご注意ください)

目の前が海の「芦屋ベイコート倶楽部」すごいホテルが出来そうです

芦屋駅童心に戻ったような六甲ケーブルでの乗車を終えると、いよいよ建設途中の芦屋ベイコート倶楽部に向かいました。

芦屋駅からは簡単に歩いていけるような場所ではありませんので、おそらく芦屋駅からのシャトルバスがあったほうが便利だと思いますが、実際はどうなるのでしょうか?

その後、芦屋浜に入ると、すぐにそれと分かる建物が見えてきます。

芦屋浜芦屋浜

建設中の芦屋ベイコート倶楽部(2017年9月時点)

建設中の芦屋ベイコート倶楽部(2017年9月時点)

建設中の芦屋ベイコート倶楽部(2017年9月時点)

建設中の芦屋ベイコート倶楽部(2017年9月時点)

(2017年3月末時点)建設中の芦屋ベイコート倶楽部

こちらは2017年3月末日 建設中の芦屋ベイコート倶楽部

最初の印象は、その存在感!目の前が海になっており、そのスケールの大きさが際立っていました。春先に来た時も感じましたが、すごいホテルが出来そうだなあ、ということ。

隣接するヨットハーバーもその雰囲気を高めるのに一役担っている印象で、期待感がとても大きいです。きっと関西の方々を中心に人気の高いホテルになるでことでしょう。

ホテル周辺は、マンションや住宅地が広がっており、外で何かすることができる場所ではないように思いますので、ここではゆっくりとホテルライフを愉しむことになるでしょう。もちろん、神戸・三ノ宮にも芦屋駅からアクセスしやすい立地ですので、様々なニーズに応えてくれそうです。

芦屋浜のヨットハーバー

◇◆◇

このように、サンメンバーズ神戸から、エクシブ有馬離宮、エクシブ六甲サンクチュアリ・ヴィラ、芦屋ベイコート倶楽部と渡り歩いてきましたが、とにかくこの地域にそれぞれ魅力のあるホテルがこれだけあると、今までなかった愉しみ方ができそうですね。

さらに、自分の足で歩いてみて思ったのは、意外と気が付かないことって本当に多いなということ。

車を使えば簡単に移動ができる距離ですが(実際は車の方が多いとは思います)、歩いてみたことで体験できたことのインパクトが大きかったので、もし時間に余裕があったら是非試してみてください。

これから秋の深まりとともに、行楽のシーズンを迎えます。今回ご紹介しなかったエクシブも魅力満載の施設ばかりですので、みなさま思い思いのエクシブライフをお愉しみください。

ご感想・ご質問などございましたらこちらのコメント欄にご記入ください。
いただいたコメントにお返事を付けさせていただきます。
また、質問等はフリーダイヤル:0120-939-134 でもお受けしております。(土日夜も対応)どうぞお気軽に!

東京ベイコート倶楽部 買い取り・販売開始いたしました お客様ご紹介 Y様 お客様ご紹介 浅野様
 
 ご不明な点はどんなことでも結構です、お気軽に
0120−939−134】(土日夜も対応)もしくは、お問い合わせメールまでどうぞ!

(株)ALIVEの詳細
大久保篤のプロフィール

(株)ALIVE代表 大久保篤
多く読まれている記事(7日以内)
  1. エクシブ箱根離宮に行って来ました!
  2. エクシブ白浜・冬のとっておきレポート①
  3. 【エクシブ会員権】どのように活用し、どんな位置づけで購入するか
  4. エクシブ箱根離宮 客室特集
  5. エクシブ軽井沢・お財布にやさしいリゾートの過ごし方
  6. エクシブ 初島クラブ E2タイプ(Eグレード・占有日26泊)
  7. エクシブ鳴門 体験レポート④
  8. 【客室のご紹介】エクシブ軽井沢パセオ&ムセオ
  9. エクシブバージョンZ 箱根離宮 ECタイプ(Eグレード・占有日13泊)
  10. 優雅な人間ドック『ハイメディック』 エクシブ山中湖
Scroll Up