【エクシブ会員権】どのように活用し、どんな位置づけで購入するか

2011年の夏。今年の夏は、ある意味で特別な夏となりました。 もうこれについては僕がどうこう語る問題ではありませんが、様々な影響があらゆるところででたことは間違いないところです。

そこで今回は、エクシブ伊豆での我が家の滞在の様子とともに、そこで自分なりの思いをレポートしていきますので、最後までお付き合いいただけたら幸いです。

夏休み大作戦!

今回は子ども達の夏休みスタートすぐに予定をいれました。 というのも、小学6年・4年・2年の子ども達がいる我が家では、夏休みといえども子ども達もそれなりに忙しく、なかなか時間がとれません。

これって、多くの親御さんが直面している現実ですよね。それなりに出される宿題。これが結構多くて、僕の子どもの頃の状況と比較すると雲泥の差。もっとも、野球と遊ぶことしかしていなかったのは僕だけで、周りの人はやっていたのかな!?  また、学習塾の夏期講習などに行っている子ども達もかなりの数でしょう。特に、首都圏ともなればその過熱振りは増す一方ですね。加えて、中学生は部活動に追われますから、さらに家族との時間は取れなくなってしまいます。ただでさえ、中学生ともなれば親と出歩くことも減っていくでしょうから。

このように、子ども達の成長と共に、休日や夏休みの生活パターンというのはどんどん変化していくわけです。それにともなって、余暇の過ごし方も変化していくことになります。

そんな状況を踏まえて、今回のエクシブ伊豆へのプランというのは、まだ比較的時間に余裕があり、これからのハードなスケジュールを前にした夏休み前半に計画することになりました。 自宅から遠くないところ、プールで泳げるところ、夏休み前半に予約が取れるところという条件で予約状況を確認すると、エクシブ伊豆が該当したわけです。 もちろん、子ども達もお気に入りの場所なんです。

さすがエクシブ会員権のメリット

もし、これが1からすべてをエクシブ以外で探そうと思ったら、なかなか容易には決定しませんね。 ましてや、金額やホテルの概要を知らないところというのは、少なからず不安がよぎるもの。 もしかすると、なかなかスケジュールどおりにならず、「今回はもうやめようか!?」なんていう悲しい結果になってしまうこともあるかもしれませんね。

夏休みともなればどこに行っても混雑するわけですから、場所を選定する作業って案外難しいものですが、

その点、エクシブ会員権なら、「どこに行くのか!?」と悩む必要はありませし、最初からホテルの状況を把握しているエクシブにですから、そのような不安要素というものは皆無ですから安心ですよね。 交通事情に関しても然りで、時間的な計算がすぐにたちますね。 その意味では、自分達のスケジュール・ニーズに合わせて休日の過ごし方を計画できるシステムはやはり魅力的だと感じます。 こんなときにこそ最大限にメリットを活かせる。さすが、エクシブ・サンメンバーズ会員権です。

でも、よく場所が限定されているから会員制は飽きてしまいませんか?と質問いただくのですが、面白いことにお客様の間で実際はそのような感想はあまりありません。 それには実は理由があるのです。

そうだ!エクシブ(サンメンバーズ)があったね♪

僕はエクシブ会員権をご案内することが仕事のメインではありますが、会員権をお客様に紹介する際に、最初にご提案することがあります。

それは、「どんな位置づけで購入なさるのか?」 そして、「どのように活用なさるのか?」ということです。

エクシブを活用するには、様々なシーンが考えられます。 折角購入しても、その活用方法や使い方次第で満足度も変わってくることでしょう。 皆さんは、どんな位置づけでエクシブをご活用なさいますか?

ご夫婦2人でご活用』 『小学生・中学生のお子さま達とともに』 『お子さまが成長された後ご夫婦でのんびりと』 『お孫さんたちとご一緒に…

 

などなど。。。

僕はエクシブ・サンメンバーズなどの会員制は、あらゆるレジャーを最大限に楽しむことが出来る魅力的なツールであると思っています。 それは「エクシブ=旅行に行く」ということではなく「エクシブ=とても身近で豪華なプライベートルーム」と、想像なさってみてください、ということなんです。

僕が考えるエクシブの有効な使い方は、「そうだ!エクシブ(サンメンバーズ)があったね♪」というスタンスなんです。

天気が良い朝、客室に空きがあれば、荷物は最低限の着替えだけで、そのままエクシブに行ってもいい。 さらには、帰省したお孫さんたちと「明日ちょっとエクシブに行ってみましょうか」でもいい。きっとお孫さんたちと思い出深い楽しみを共有できることでしょう。 また、仲のいいご家族同士のグループで、「来シーズンはみんなでエクシブ蓼科にスキーに行きましょう!」と何ヶ月も先の予約を入れておく、というのもいいですね。
逆に、夏のシーズンはバーベキューをしにキャンプに行くとします。 そしてキャンプの帰りに、もう1泊できれば是非エクシブに泊ってきてください。 キャンプで疲れた体をエクシブのラウンジや温泉で癒して帰ってくるのもいいと思います。「キャンプもいいけど、やっぱりエクシブいいねえ♪」そんな感想が聞こえてきそうです。

このように『レジャー+エクシブ』の楽しみ方は本当に数知れず多種多様なんですね。 このようなスタンスでエクシブと付き合っていくと、今までにない新しい余暇の過ごし方を発見できることでしょう。 「折角買ったんだからどんどん使おうね」よりは、「そうだ!エクシブがあったね♪」 このスタンスの方が、エクシブ自体の魅力がさらに深まり、満足度もより高まっていくと思います。 実際、僕とお付き合いのあるお客様は、利用回数も増え、満足度が高まったとお感じになられる方が多くいらっしゃいます。

それから、そのためのアイディアや活用術はお気軽に弊社にご相談ください。 また、将来的に何らかの利用でエクシブを手放さざるを得ない際も、是非ご相談ください。

エクシブ・サンメンバーズ会員権にとって重要なのは「どのように活用し、どんな位置づけで購入するか」ということです。 もちろん価格も大事です(その中でお安い会員権がご紹介できれば尚良いですしそのように努力もしていきます!)。

子ども達に想い出深い夏を エクシブ伊豆

ところで、今回訪問したのはエクシブ伊豆でした。昭和62年に建てられたこのホテル。 年数は古くなってきていますが、個人的には結構好きです。 お子様連れのファミリー向けに最適です。 確かに、細部を見れば、劣化している箇所や、塗装が剥げている所等はないわけではありません。(もし、気になる所があればホテルのスタッフにお声をかけてみてください。すぐに改善されるかわかりませんが、ホテル側としては言って頂いた方が良いのだと思います。)

しかし、それでも余りある魅力満載のエクシブ伊豆は、毎年我が家の定番のホテルになっています。 やはり夏の人気は、アウトドアプールとインドアプールですね。この施設は、他施設のインドアプールと違い、無料のところが人気の秘訣。したがって、夏は大変混雑してしまう。さらに、夏休みシーズンは、法人契約されているエクシブオーナー様の従業員のご家族、それもお子様をお連れのご家族のご利用が多いので、どうしても混雑してしまうのです。

だから、もっと静かで落ち着いた雰囲気をお好みの場合は、夏は他施設のほうが良いかもしれません。 そのあたりも、事前に分かっていればよかったのにということもありますので、お気軽にお尋ねください。 そんなエクシブの利用方法をお伝えしていくのも僕の希望するところですから。 また、ご高齢の方からも、「夏は子どもが多くて落ち着かないね」という意見も頂くのですが、「我が家も孫と来ることもあるし、同じか!」ということで、夏はどうしてもファミリー層の利用が中心でとっても賑やかなのもエクシブ伊豆の特徴です。

しかし、プールサイドから望むエクシブ伊豆の風情は、なかなかリゾート感に溢れていて秀逸です。 プールのブルーに、建物本体のオレンジとアイボリーのコントラストがなかなかいいです。

この日も夏の暑さのおかげか、子どもたちも思いっきりエクシブ伊豆のプールで楽しめたようでした。 思いっきりプールで楽しんだ後は、大浴場で体を温め、露天風呂で寛ぎますが、床が少し滑るので注意したほうがいいかもしれません。 特に、お子さん連れの方はお気をつけください。

プールに大浴場で温まった後は夕食ですね。この日は、南欧料理『ラペール』でいただきました。 このレストラン、3,675円のコースから13,650円まであり、わがままを言って色々なコースを食してみました(3,675円・5250円・7350円・10,500円)。

残念ながら、この日の写真はないのですが、それぞれの感想。

まず、3,675円のコースは、ステーキがメインのコース。 量的には充分すぎます。ステーキの大きさは大人でも充分です。

次に、5,250円のコースは、量より質の方にも大丈夫ではないでしょうか。

そして、7,350円と10,500円のコースに関しては、あとは好みの問題です。強いて言えば、10,500円はフルーツのソースが頻繁に使われていたので、全体的に甘い感じの構成だったようです。

食事はそれぞれの味覚がありますから批評はしませんが、5,250円のコースでも充分に満足できる内容ではありました。

エクシブ伊豆に来たら、和食、海の幸というイメージがありますが、南欧料理『ラペール』も地元の食材を使い、とても満足できるものでした。 その証拠に、おじいちゃん・おばあちゃんに息子さん夫婦にお孫さんというような3世代のファミリーが結構いらっしゃいました。 皆さん美味しそうにワインを飲みながら楽しんでいましたよ。

特に、アウトドアプールを眺めながらの席は、なかなかいいですよ。(※基本的には4人用のテーブルなので、5名様以上の場合は確認が必要です。実際、5人以上のグループは、窓際でなくレストラン中央の席でした)

翌日の朝食はバイキングでしたが、これがとても良かったです。品数も内容も充分満足できるものでした。オススメです!

◇◆◇

****

今回は、エクシブ伊豆の滞在から、エクシブ自体の思いも書き留めてみました。いかがでしたでしょうか?

これからも「今までの生活にはなかった愉しみが増えたよ!」というような方が増えていくようにALIVEとして、色々とご提案していきたいと考えています。You’ll be Fine !

東京ベイコート倶楽部 買い取り・販売開始いたしました お客様ご紹介 Y様 お客様ご紹介 浅野様
 
 ご不明な点はどんなことでも結構です、お気軽に
0120−939−134】(土日夜も対応)もしくは、お問い合わせメールまでどうぞ!

(株)ALIVEの詳細
大久保篤のプロフィール

(株)ALIVE代表 大久保篤
多くチェックされている物件(7日以内)
  1. エクシブバージョンZ 箱根離宮 ECタイプ(Eグレード<ECタイプ>・占有日13泊)
  2. エクシブバージョンZ 蓼科 Cタイプ(Cグレード・占有日13泊)
  3. エクシブバージョンZ 有馬離宮 SEタイプ(スーパースイート<SEタイプ>・占有日13泊)
  4. エクシブバージョンZ 白浜アネックス Fタイプ(A/Cグレード・占有日13泊)
  5. ★ご成約★ エクシブバージョンZ 軽井沢サンクチュアリ・ヴィラ ムセオ&ゴルフ(Sグレード・占有日13泊)
多く読まれている記事(30日以内)
  1. エクシブ箱根離宮に行って来ました!
  2. 建設中レポート!【エクシブ湯河原離宮】
  3. エクシブ軽井沢・お財布にやさしいリゾートの過ごし方
  4. どこにも行かない贅沢 エクシブ山中湖
  5. 【客室のご紹介】エクシブ軽井沢パセオ&ムセオ
  6. エクシブ箱根離宮 客室特集
  7. 東京ベイコート倶楽部 取り扱い物件
  8. エクシブ箱根離宮 レストラン紹介
  9. 【愛犬と過ごせる休日】エクシブ軽井沢ムセオ
  10. 【エクシブ会員権】どのように活用し、どんな位置づけで購入するか
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Scroll Up