嵯峨野でほっこり・サンメンバーズ京都嵯峨

リゾートトラストの運営するホテルで京都と言ったら、今ではエクシブ京都八瀬離宮と答える人が大多数でしょう。京都の知名度や立地条件、そしてホテルのクオリティを考慮すれば当然と言えます。実は、オープンする前の計画段階ではそれ程の期待感はなかったように記憶しています。しかし、オープンから7年目をむかえ、より一層人気と評価が高まっているのが現状です。

そこで今回のエクシブ攻略術では、敢えてそのエクシブ京都八瀬離宮の陰に隠れがちではありますが、充分な存在感のあるサンメンバーズ京都嵯峨の魅力の一端に迫って行きたいと思います。前回のエクシブ軽井沢でも取り上げましたが、ローエンドコースでも充分に満足できる食事をご紹介していきます。

京都嵯峨周辺

京都嵯峨で唯一のレストラン 日本料理『嵯峨』

サンメンバーズ京都嵯峨今回ご紹介するのは、サンメンバーズ京都嵯峨で唯一のレストランである日本料理『嵯峨』での食事です。レストランに入った瞬間、清潔で心地よい雰囲気であることがすぐに分かるはずです。所々拘りのある演出がされていて、それだけでも料理への期待感が高まります。

テーブル席とカウンターが配されていますが、ここではやっぱりカウンターでゆっくりと食事をしたいものですね。しっかりと手入れをされた庭を眺めながらゆっくりと流れる時間を楽しみたいですもんね。

日本料理『嵯峨』日本料理『嵯峨』 日本料理『嵯峨』 日本料理『嵯峨』日本料理『嵯峨』 日本料理『嵯峨』

この日、お願いしたコースは、5,250円の料理『嵯峨野』。

嵯峨野コース

結論から申し上げますと、このコースで充分な満足感が得られました。前回の軽井沢のときにも触れましたが、比較的7,000円以上の食事をされることが多い傾向がありますが、ローエンドコースでも全く問題なく京都の繊細な料理を楽しめましたよ。

嵯峨野のコース料理嵯峨野のコース料理 嵯峨野のコース料理嵯峨野のコース料理 嵯峨野のコース料理 嵯峨野のコース料理嵯峨野のコース料理

※上記写真はコースの順番通りではありません

せっかくエクシブに行くのだから、美味しい料理を楽しみたいと思われる方が多いと思いますが、やっぱり価格も重要な要素ですね。ましてや、気軽にフラッと行きたい方々にとっては、尚更です。

今回の訪問でサンメンバーズ京都嵯峨の日本料理のレベルの高さが分かりましたし、ローエンドコースでも充分な満足感が得られますので、是非ホテルでその味を確認してみてください。ちなみに、朝食もきれいな庭を眺めながら、美味しくいただきました。

見所もいっぱいな京都嵯峨周辺

このサンメンバーズ京都嵯峨は、その名の通り、嵯峨野・嵐山へも徒歩圏内で行くこともできますし、北へ歩けば広沢池など大変牧歌的な風景も堪能することができます。京都のイメージとは異なるなんとも落ち着く田園風景も、ここサンメンバーズ京都嵯峨周辺ではゆったりと味わうことができますよ。

田園風景 田園風景田園風景

私のお客様とお話したときも、エクシブ京都八瀬離宮と絡めてサンメンバーズ京都嵯峨を予約すると、このホテルは大変便利で満足感も高いんですよとおっしゃっていました。このお客様は、エクシブとサンメンバーズをお持ちなのですが、大変上手に合理的にエクシブを楽しまれています。私自身も参考になるエクシブ攻略術を教えていただくほど、エクシブに精通している方です。きっと今年のスケジュールもほぼ確定していることでしょう。

お話していて思うことは、やっぱり度々ホテルを利用するとなると、レストランでの食事の料金はとても重要だということ。やっぱり満足感のある、コストパフォーマンスの高い食事をしたいのが本音ですよね。サンメンバーズ京都嵯峨での食事は、そんな願いに充分応えてくれる素晴らしい内容でした。

東京ベイコート倶楽部 買い取り・販売開始いたしました お客様ご紹介 Y様 お客様ご紹介 浅野様
 
 ご不明な点はどんなことでも結構です、お気軽に
0120−939−134】(土日夜も対応)もしくは、お問い合わせメールまでどうぞ!

(株)ALIVEの詳細
大久保篤のプロフィール

(株)ALIVE代表 大久保篤
多く読まれている記事(7日以内)
  1. エクシブ箱根離宮に行って来ました!
  2. サンメンバーズ ホリデークラブ 個人会員(保証金30万円 全日券20枚・平日券10枚)
  3. エクシブ鳴門 体験レポート②
  4. エクシブ鳴門 体験レポート⑤
  5. 安心できるカウンター【エクシブ山中湖・天婦羅割烹】
  6. ③エクシブ所有権、どれがいい?
  7. ②エクシブ所有権、どれがいい?
  8. グランディ軽井沢ゴルフクラブで絶景を堪能!
  9. エクシブ箱根離宮 2010春レポート総括
  10. エクシブ蓼科でスキー 親父と息子の二人旅
Scroll Up