エクシブのルーツをたどる 【エクシブ伊豆】

昭和61年のエクシブ鳥羽のオープンを皮切りに、62年の伊豆、平成元年の白浜と続き、その後数々のホテルが誕生してきたことは、皆さんもご存じのところだと思います。さらに遡りサンメンバーズひるがのが会員制ホテルの第一号であったことを思い返してみると、今現在に至るリゾートトラスト社としての業績が本当に目覚ましいことものであることが分かります。

サンメンバーズ、リゾーピア、エクシブ、トラスティ、ベイコート。お客様が心配するほど劇的に進化、発展してきた経緯をあらためて考えてみると、そこに携わってきた多くの方々のご尽力のおかげで今があることが、とても感慨深く思われます。私自身も個人的に親しくさせていただいているホテルスタッフの方々と話す機会がよくありますが、その努力と日々の研鑚には本当に頭が下がります。もちろん、その方々の悩みや苦労話を聞くにつけ、あらためて自分の役割や立場を考えさせられ、これからALIVEのお客様に対して、どのように接していくべきかを問いただすことにも繋がっています。

エクシブ伊豆

オールドエクシブならではの良さ

さて、それぞれのご家庭、社会、組織には、それぞれ異なる独自のポリシーや生き方があると思います。

家庭のことで考えてみると、「人に迷惑をかける人になってはいけません」という考え方がありますね。または、「人のためになり、人に役立つことができる人になりなさい」という教えもあると思います。反対に、「人の上に立つように努力しなさい」と教えるやり方もあるかもしれません。

今回のエクシブ攻略術が、なぜこんな話題から始まったかと言うと、オールドエクシブと呼ばれるエクシブ鳥羽や伊豆を訪れてみると、郷愁をそそられるせいか、なぜかそんなことを考えさせられることがよくあるからなのです。

華やかでスタイリッシュな外観の有馬離宮や、威風堂々洗練された東京ベイコート倶楽部などと比較すると、どうしても古めかしさが目についてしまうオールドエクシブではありますが、逆に心や体はクリアになるという点では、エクシブ鳥羽や伊豆からの帰り道の爽快さには敵わないように思います。

もちろんそこには個人的な感情がかなり左右されているのは否定しませんが、今回エクシブ伊豆を訪れてみて、ここにしかない空気、風景、人の優しさを感じ、「やっぱりここはいいな」という思いを強く抱くことになりました。

エクシブ伊豆

ここでしか味わうことができない感覚と風景

エクシブ伊豆ラウンジから見える景色と人の流れ。開放的で明るい印象のこのラウンジからは、遠くに伊豆七島も望むことができますが、特に感じるのは人の流れです。

日常から解き離たれ、思いっきりリラックスしている人たちの表情は大変穏やかで豊かです。

じろじろ見ているわけではありませんが(笑)、開放的なラウンジのソファに深く腰を下ろし、そこに集う人々の幸せな表情や雰囲気を、まるで一緒に共有しているように感じられる。それはエクシブ伊豆しかない、ここでしか味わうことができない雰囲気だと思います。

このエクシブ伊豆特有のゆったりした感覚は、他のエクシブでは感じることができないもがあります。僕はここのラウンジでは無性に本を読みたくなってしまいます。

エクシブ伊豆からの眺め

エクシブ伊豆の屋外プールエクシブ伊豆の屋内プール

さらに、チャペルがある庭園に足を延ばせば、眼下に広がる相模湾と伊豆七島。思わず体を大きく伸ばし、ゆっくりと息を整えたくなります。あのスケールの大きなエクシブ伊豆からの風景は、やっぱりここにしかないものなんです。

時が止まったようにゆっくりと刻まれるエクシブ伊豆での時間。この感覚に浸るためにここに来ていると言ってもいいくらい、エクシブ伊豆は魅力的な場所であると確信できました。

エクシブの醍醐味といえば、美味しい料理に舌鼓を打ち、洗練されたホテルサービスに癒され、豊かな気持ちになって家路につくことであることに間違いはありません。さらにそれと同時に、自分の中の原点に返ったり、ルーツをたどることにより、今ある現状を知り、心を整理する時間を得られるのもエクシブの魅力であると思っています。

エクシブ伊豆の日本料理・黒潮エクシブ伊豆日本料理・黒潮日本料理・黒潮

日本料理・黒潮

日本料理・黒潮日本料理・黒潮

日本料理・黒潮日本料理・黒潮

そして、今回の滞在で気づいたこと。それは、さきほども少し触れましたが、「人に役立つ存在であり、人に寄り添う企業である」という、ALIVEの役割と存在意義の再認識でした。これからも、そんな役割をになっていければと思っておりますので、どうぞ末永くよろしくお願いいたします。

◇◆◇

何かに行き詰まったり、物事うまく回らない時などは、「そうだ、エクシブ行こっ!」そんな感じでエクシブと触れ合うのもいいかもしれませんよ。新しい発想も生まれるかもしれませんし、きっと心がすうっ~とクリアになっている自分に気づくことができると思います。

エクシブ伊豆のラージグレード

エクシブ伊豆のラージグレード

エクシブ伊豆の客室エクシブ伊豆の客室

エクシブ伊豆の客室 ラージグレード

ご感想・ご質問などございましたらこちらのコメント欄にご記入ください。
いただいたコメントにお返事を付けさせていただきます。
また、質問等はフリーダイヤル:0120-939-134 でもお受けしております。(土日夜も対応)どうぞお気軽に!

東京ベイコート倶楽部 買い取り・販売開始いたしました お客様ご紹介 Y様 お客様ご紹介 浅野様
 
 ご不明な点はどんなことでも結構です、お気軽に
0120−939−134】(土日夜も対応)もしくは、お問い合わせメールまでどうぞ!

(株)ALIVEの詳細
大久保篤のプロフィール

(株)ALIVE代表 大久保篤
多く読まれている記事(7日以内)
  1. 有馬の歩き方 【エクシブ有馬離宮】
  2. サンメンバーズ ホリデークラブ 個人会員(保証金30万円 全日券20枚・平日券10枚)
  3. エクシブ箱根離宮に行って来ました!
  4. エクシブ鳴門 体験レポート②
  5. ご購入についてのご質問
  6. エクシブバージョンZ 有馬離宮 SEタイプ(Sグレード<SEタイプ>・占有日13泊)
  7. かけがえのない家族との時間を、最高のものにしたい… 【お客様ご紹介:浅野様】
  8. ①どちらがお得?エクシブ?サンメンバーズ?
  9. 京都八瀬離宮・Sタイプの圧倒的な存在感
  10. 安心できるカウンター【エクシブ山中湖・天婦羅割烹】
Scroll Up