index.php

絵画のような風景【エクシブ軽井沢パセオ】

公開日:

ECタイプ 2bedルームからの風景

梅雨のジメジメしたこの時期になると無性に軽井沢に行きたい!と思われる方も多いのではないでしょうか?

「パセオ」と「ムセオ」もすっかり定着した感のあるお馴染みのエクシブ軽井沢ですが、やっぱり夏のシーズンはかなりの混雑が予想されます。

ある意味、この時期に軽井沢に行くのはそんな理由もあるのですが、夏真っ盛りの雰囲気の前に少し落ち着いた感じのエクシブ軽井沢をご紹介したかった、という気持ちもありました。今回は特に、パセオとムセオの客室を中心にレポートいたします!

どちらがオススメ?「CBタイプ」と「ECタイプ」

エクシブ軽井沢パセオの客室の構成は大きく分けて2グレードで、
スタンダードグレードのCBタイプ」と「ラージグレードのECタイプ」があります。

全体的な客室の印象としては、スタンダードグレードのCBタイプでも十分だということ。特に2,3人でお泊りになるのであれば、逆に機能的で使いやすいとも言えそうです。

CBタイプ 和洋ルーム

◇◆◇

もちろん、ECタイプのバリエーションも楽しい所。1ベッドルームのお部屋は贅沢なスペースの使い方が、ゆったりした時間をより演出してくれそうです。

ECタイプ 和洋ルーム

客室は愛犬と同伴できるドギールームも紹介(ドギールームは床がタイル状になっているお部屋)していますが、特に客室の臭いも気になりませんでした。僕は基本的に犬は好きだからかもしれませんが、それを加味しても気になるレベルではありません。ただし、ドギールームは数が限られていますので、予約が集中する時期は注意が必要です。

ECタイプ 1bedルーム

ECタイプ 2bedルーム

ガラス越しの景色に心癒され

そして全てのお部屋に共通して言えるのはガラス越しの景色。

パセオの均整の取れた絵画のような風景が心を和ませてくれます。ここに宿泊される方々を想像しながら設計されたのだろうと推察されます。

さらに今回行った時はツツジがきれいに咲きほこっていて、客室のガラス越しに見える鮮やかな赤い色が特に印象的でした。ゆったりしたソファーに腰をかけながら目に写る光景に至福の時を感じます。

時間の経過とともに様変わりする視覚の変化も楽しいところ。パセオの客室のサイズは本館よりも広々とした印象がありますが、それはこのガラス越しの景色の影響がかなりありますね。もちろん本館の中庭を見渡せる自然な感じの景色も素敵ですけどね。

皆さんも、パセオに来たらこのゆったり感、是非お楽しみください。

Scroll Up