index.php

ライフスタイルが変わるたび、エクシブは味わい深くなる グランドエクシブ鳴門

公開日:

2つの嬉しいエピソード

先日、弊社のお客様からこんな話を伺いました。

一時期、エクシブを利用しない期間が続いたのですが、孫が出来てからまた頻繁に行くようになりました。今では、もう孫とは毎月エクシブに行っているんですよ。売却も考えましたが、あの時手放さなくて良かったです!

また、お仕事が忙しくなってしまい、なかなかエクシブに行けないために、ご売却されたお客様が、最近連絡をくれました。

やっぱりもう一度エクシブを利用したいので、大久保さん、またいい物件を紹介してください!

なんとも嬉しいお話しだと思いませんか。

このようなエピソードを聞かせていただくたび、お客様のライフスタイルにおいて、少しでもエクシブが関わることができているのなら本当に嬉しく思いますし、この仕事を続けていて良かったと心から思います。

確かに、エクシブの利用がなくなれば売却を考えるのも自然の流れです。
しかしながら、ご家族や、お仕事、それぞれのライフスタイルの変化に合わせて、エクシブの利用の仕方も千差万別、色々変化をしていくものなんですよね。

エクシブが、その時々の生活の中に密着し、多くの方々の生活に潤いを与えてくれてるんだと感じます。それと同時に、お客様のライフスタイルの中に、エクシブが溶け込んでいることが実感出来たとても嬉しいエピソードでした。

エクシブ鳴門

たくさんの想い出が詰まったエクシブライフ

我が家もそうでしたが、エクシブでの家族の触れ合いが、今でも大切な想い出として心に残っています。

我が家の場合、自宅から1時間半圏内には、エクシブ浜名湖・エクシブ山中湖・エクシブ箱根離宮がありますし、2時間半かければ、エクシブ蓼科・エクシブ伊豆がありました。急に予定が空いたり、時間ができた時にも、気軽にさっと行くことができるのがエクシブの醍醐味の一つでもあります。

子供たちがまだ小学生だった頃は、比較的余裕をもって楽しんでいましたが、中学・高校となり部活や受験の影響で、家族5人のスケジュールを合わせ、遠方のエクシブに来ることは容易なことではなくなりました。

家族との『グランドエクシブ鳴門』

そんな中、久しぶりに家族と訪れたこの『グランドエクシブ鳴門』。
静岡からだと頻繁に来る場所ではなかったけれど、夏休みにはよく来たものでした。

この風景を見ていると、「天空の城みたい」と言っていた娘との想い出が甦ってきました。

幼かった子供たちにとって、遠く離れた地に足を踏み入れた高揚感と、普段見たことのない景色を目の当たりにした感情によって、彼らの表情がキラキラ変化していったことが今でも思い出されます。

「あ~、ひさしぶりだね♪」

高校1年になった次女の弾むような声が響きました。

グランドエクシブ鳴門

左から『エクシブ鳴門』、真ん中に小さく見えるのは『アロマハウス』、手間の大きく見えるホテルが『サンクチュアリ・ヴィラ』、そして右端に見えるのは『ザ・ロッジ』、そして私は、『サンクチュアリ・ヴィラ ドゥーエ』側から撮影しています。エクシブの魅力の一つに、この圧倒的なスケール感がありますよね。

こちらは、エクシブ鳴門 サンクチュアリ・ヴィラ ドゥーエの客室です。

あいにく天候は曇っている時間が多かったのですが、このエッジレスプールも、天気が良ければ、大変幻想的な空間を演出してくれます。瀬戸内海と一体となった様は本当に美しいです。

家族で楽しめる「日本ドルフィンセンター」

そして、我が家がエクシブからいただいた想い出が、この地にもたくさん詰まっています。

エクシブを後にし、家に帰る前にここに寄ってみました。

日本ドルフィンセンター
(ご参照記事:エクシブ鳴門 体験レポート④ ドルフィンスイム・やまだかいがん

ここで、イルカと一緒に泳ぎました。もちろん、子供たちの脳裏にもしっかり焼き付いていました。

あの時の子供たちの笑顔が今でも忘れられません。本当に時が経つのはあっという間なんですね。帰りの車中では、当時の話に華が咲きました。

そして今回の旅がこれまでとはまた違った、味わい深いものになったと感じました。
エクシブって、ライフスタイルが変わるたび、また人生を重ねるほどに、熟成された深い味わいのようなものを与えてくれるんだなと思います。

◇◆◇

これからも、お客様のライフスタイルやそれぞれの環境をお聞きした上で、その方に合ったよりよいご提案をしてまいります。

そして、お客様がなるべくストレスを感じず、気軽にエクシブに関わっていけるように、お客様に寄り添っていきたいと思っています。

これからもALIVEをどうぞよろしくお願いします。

そして私自身もまた、新しいライフスタイルで、さらにエクシブを愉しんで行きたいと思います!今回もたくさんの想い出をありがとう!

ご感想・ご質問などございましたらこちらのコメント欄にご記入ください。
いただいたコメントにお返事を付けさせていただきます。
また、質問等はフリーダイヤル:0120-939-134 でもお受けしております。(土日夜も対応)どうぞお気軽に!

Scroll Up