index.php

「ふらっとエクシブ」の旅を楽しもう! 2~3時間圏内にエクシブがあることの意味

公開日:

先日、静岡県沼津市のお客様との話の中で、ここ(沼津市)からエクシブ箱根離宮までは車で1時間かかるか、かからないかという話になりました。

お客様との商談が終わり、この日は天気も良かったので、ちょっとドライブがてら、エクシブ箱根離宮まで足を延ばしてみることにしました。

「ふらっとエクシブ」の旅 エクシブ箱根離宮へ

なるほど、1時間弱で着いてしまいました!
ご存じ、エクシブ箱根離宮を象徴するオブジェがお出迎えです!

訪問時は9月中旬でしたが、今頃は紅葉の最盛期になっていることでしょう。

ここから眺める紅葉は本当に美しく、写真映えもしますね。

色彩豊かな紅葉が織りなすコントラストは、人間には到底作り出せない芸術です。

ここ数日は天気が冴えませんが、天気が良ければ、「ドライブでも行ってみようか!」と出かけられる場所にエクシブがあるのはラッキーですよね。

ということで、前置きは長くなりましたが、今回のタイトル「ふらっとエクシブ」は、家から2~3時間圏内で行けるところにエクシブがある意味をあらためて考えてみたいと思います。

北海道や九州にエクシブがないのはなぜ?

『北海道や九州になぜエクシブはないのか?』

その理由にも関係してきますよね。

北海道や九州ですと、場所にもよりますが、行っても1年に1回行くか行かないか。

そう考えると、東京・名古屋・大阪にメンバーが多いため、どうしても移動距離が2~3時間の場所にエクシブが建設されることになります。

その意味では、前述の沼津のお客様は、2~3時間どころか、1時間で行けてしまうエクシブが何か所もあり、エクシブを快適に利用できる環境に恵まれている方だと思います。

今でも稼働率が高く、首都圏の方を中心に人気の高いエクシブ箱根離宮ですが、予約も集中して週末を含め満室になることが多いエクシブの一つです。ただ、思いがけずお部屋が空いていたりするときは、お近くの方は気軽にふらっと行くことができますよね。

ましてや、今回の沼津のお客様なら、ご自宅から1時間で行けてしまうわけです。

勝手を知っている、まさに我が家のようなエクシブならではの活用方法ですよね。

これが、初めて行くホテルだとしたら、こうした利用は想定できません。

「ふらっとエクシブ」の旅 リゾーピア箱根〜エクシブ湯河原離宮へ

また、エクシブではありませんが、エクシブ箱根離宮から車で15分ほどのこちら、『リゾーピア箱根』もその対象としては十分でしょう。

私のお客様で、リゾーピア箱根しか行かない方がいらっしゃいますが、そのじわじわくる魅力、久々に訪問してみて何となく分かるような気がしました。

今でこそベイコート倶楽部や離宮シリーズに代表されるように、その外観からその他細部にわたり圧倒的なスケール感とクオリティを誇るホテルばかりになりましたが、かつてはサンメンバーズ・リゾーピア・サロンといった施設が主流だったんですよね。

時代の流れや経営的な観点から閉鎖されてしまう施設があるのは仕方のない事だと思います。しかしそんな中、こうして今でもその姿を変えずに凛とした存在であり続けている
ことに、多くの方々の尽力と見えない努力があるであろうことは想像がつきます。

これからも、末永く多くのお客様に愛されるホテルであってほしいものですね。

先日の台風の影響で被害を受けた箱根登山電車ですが、その復旧が待たれます。

ただし、復旧の目途は2020年秋ごろとのこと。

自然災害には勝てませんが、早期復活を願わずにはいられません。

それにしても、やっぱりこの光景、雰囲気ありましたねえ。

エクシブ箱根離宮を後にして、次に南下して向かったのはエクシブ湯河原離宮です。

エクシブ箱根離宮からは、ちょうど1時間ほどで到着です。

沼津のお客様のご自宅からであれば、やっぱり1時間かからず到着できるでしょう。

ここも「ふらっとエクシブ」な場所ですね。

湯河原駅前もきれいに整備され、以前のような少し寂しい面影が一掃されています。

湯河原にも是非、多くの方々に足を運んでほしいですね。

艶っぽいモダンな景観がエクシブ湯河原離宮の個性ですが、何気ない置物やアートもそれぞれが存在感がありますね。

箱根離宮から、ふらっと湯河原離宮に行ってみる連泊プランもいいと思います。

また、エクシブ湯河原離宮のオープンから約2年が経とうとしていますが、ここも見違えるほどきれいになっていました。

以前なら枯れ葉が舞い、その処理に追われていたのですが、改善されていましたね。

欲を言えば、正面玄関の桜が安定してくれるといいのですが。

やっぱり土壌って大事なんですね。小さい所に閉じ込められてしまうと息苦しくなってしまうのかな?

我が家の子供たちにも当てはまるのかな?

おおらかに、自分らしく、まっすぐ育っていってほしいものです。

「ふらっとエクシブ」の旅 リゾーピア熱海(エクシブ初島クラブ)へ

さて、エクシブ湯河原離宮に来たのなら、次の「ふらっとエクシブ」はどこでしょうか?

「ふらっとエクシブ」ではなく、「ふらっとリゾーピア」に来てみました。

リゾーピア熱海』です。

この屋上からもアプローチできる造りが、なんとも郷愁を誘いませんか?

このようなリゾーピアやオールドエクシブの存在って重要です。稼働率等大変ですが、いつまでもレガシーとして残してほしいものです。

エクシブ伊豆も、たまにしか行かなくなりましたが、根強いファンが多いホテルですよね。

この屋上からの景色も唯一無二のものです。

ホテルとしては、箱根離宮や湯河原離宮には到底及びませんが、一時の元気のない時代から、熱海の街はV字回復し、活気を取り戻しました。

そんな熱海を楽しみながら、「ふらっとリゾーピア」してみてはいかがでしょうか?

東海道新幹線ものぞみは停まりませんが、熱海駅からはホテルのシャトルバスも出ていますので、アクセスには恵まれているホテルです。

リゾーピア熱海から見えるここも、ある意味「ふらっとエクシブ」でしょうか?

エクシブ初島クラブ

今回は、沼津のお客様の所から、箱根離宮~リゾーピア箱根~湯河原離宮~リゾーピア熱海(エクシブ初島クラブ)とハシゴをしてみました。

移動時間だけでみたら、2時間かからないエリアにこれだけの施設があるんですね。

皆さんも、朝起きて天気が良かったら、「ふらっとエクシブ」されてみてはいかがですか?

「ふらっとエクシブ」の最大のメリットは、何カ月も前から予約をして楽しみにしていたのに、当日子供が熱を出して行けなくなったとか、台風や荒天でせっかくの旅の想い出が残念な想い出になることがないところです。

「今日は天気がいいね。もし予約ができたらエクシブにふらっと行ってみようか!」

そんなエクシブライフを愉しめたら素敵だと思いませんか♪

ご感想・ご質問などございましたらこちらのコメント欄にご記入ください。
いただいたコメントにお返事を付けさせていただきます。
また、質問等はフリーダイヤル:0120-939-134 でもお受けしております。(土日夜も対応)どうぞお気軽に!

Scroll Up