index.php

どちらがお得? エクシブ? サンメンバーズ?

公開日:2009年4月17日 

どちらがお得? エクシブ会員権と、サンメンバーズ会員権

 リゾートトラスト社の会員権は大きく分けると上記の2つに分けられます。
会員権を検討するに当たり、どれを購入したらよいのか、何がご自身に適しているのかわからないまま購入したり、購入を見送ったり、というご相談をよくお受けします。

 そこでまず、実際にお客様のご使用目的に合わせて4つのパターンをご紹介させていただき、まずは、入門編ということで分かりやすくご説明したいと思います。

① Aさんご夫妻のケース

Aさんご夫妻:夫60歳・妻57歳

    Aさんご夫妻

  • ご子息は2人とも独立されており、これからは夫婦2人でのんびり暮らしたい
  • ご旅行は平日でも可能
  • 2人が宿泊できればお部屋の広さは問わない
  • 年に4回ほど(四季ごと)エクシブを利用したい

 →このAさんご夫妻にはサンメンバーズが適していると思われます。
(ちなみにサンメンバーズにはご利用頻度に応じて何種類かありますが今回はあえて触れません)

★チェックポイント★

  • サンメンバーズは、エクシブを予約するのに基本的に1ヶ月前からになるため平日予約の方が好ましいです。
  • エクシブはご利用できるお部屋がグレード分けされており、お部屋の大きさにより購入する際の会員権の価格が違うのです。つまり、スタンダード・セミスイート・スイート・スーパースイートと徐々に広くなり、それに応じて会員権の金額も高くなっていくわけです。したがって、セミスイートに宿泊するには最低でもセミスイート以上の会員権を購入しなければなりません。

そこで、①のAさんご夫妻の場合、サンメンバーズの方はエクシブ利用時はスタンダードグレードです。したがって、お部屋の広さを問わないAさんご夫妻はサンメンバーズで対応できます。逆に狭いお部屋は好まない(狭いといっても平均で約40~45㎡もあります)という方はエクシブをご検討されたほうがよろしいでしょう。

◇◆◇

次は、ご家族でのご使用頻度が高い場合、はどうでしょうか。

② Bさんご夫妻のケース

Bさんご夫妻:夫60歳・妻57歳・子供2人・孫3人

    Bさんご夫妻のケース

  • ご夫婦のご旅行は平日でも可能
  • 離れて暮らすお孫さんと一緒に利用したい
  • お子さんたちに利用させたい

 →このBさんご夫妻にはエクシブのほうがよろしいと思います。

★チェックポイント★

  • ご子息・お孫さんを喜ばせたい、またお孫さんとエクシブを介して会うわけですから、主に土日のご利用や、休日などの繁忙期が中心になります。さらに、お孫さんに対してがっかりさせたくないわけですから、是が非でも予約は取りたい。このような方はエクシブが最適です。
  • エクシブは1年前から予約が可能です。
    さらに繁忙期となるとサンメンバーズではシステム上、限界があります。また、予約のテクニックによって予約の幅が広がるのはエクシブになります。
  • お部屋のグレードについては上述したとおりですが、ここではよく考える必要があります。
    スタンダードの方は、お子さん夫婦と行く際2部屋取ればいいのですが、そうすると連泊するのに支障がでます。定員はどのお部屋でも基本5名ですが、広いお部屋なら1部屋で済むかもしれません。(もちろん、スタンダード1部屋でも宿泊は可能です)

つまり、エクシブは年間26泊もしくは13泊という宿泊権利が与えられ、さらに言い換えるとそれぞれ26部屋、13部屋に置き換えられます。

また、平日・土日・繁忙期がそれぞれ割り当てられているので、繁忙期に26泊、13泊泊まれるわけではないのです。

したがって、スケジュールをきちんとたて、システムをしっかり把握すると有効に活用できるはず。ご予算的にもエクシブは年間を通じてシーズン料金がありませんので、喜ばれると思います。

◇◆◇

次は、法人/企業様でご使用の場合、はどうでしょうか。

③ C商店さんのケース

株式会社 C商店
C商店さんのケース(従業員10名・休日は土日の一般的な企業)

  • 従業員の福利厚生として利用したい
  • 取引先にも使ってもらいたい

 →このC商店様の場合は、エクシブが好ましいでしょう。
(ちなみにエクシブといっても2種類あります。
年間で26泊の占有日と呼ばれる宿泊権利があるエクシブと、同じく13泊のエクシブバージョンです)

★チェックポイント★

  • 26泊のエクシブにするか、13泊のエクシブバージョンにするか。ここが1番のポイントでしょう。

    B夫妻でも言及しましたが、13泊といってもすべて繁忙期・土日のご利用ができるわけではありません。

    「年間に13泊も利用しないから」といって安易に13泊のエクシブバージョンを選択しないほうが良いのですが、この場合は社内的な規定を定めておけば13泊でも問題ないケースもあり、一概にどちらと決め付けることはできません。なぜなら会員権の価格も泊数に比例するためです。

    したがって、会員権価格・ご利用頻度・ご利用形態を総合して決めることが望ましいのです。もちろん、そのサポートをするのが私の役目です。

  • 次にお部屋の大きさです。これもB夫妻と同様でご利用形態・価格との兼ね合いになります。

法人様の場合はご購入いただいた後のフォローをお薦めします。
もちろん個人オーナーの方も同様ですが、ご担当者様のご負担も大きいので様々な形でご協力させていただいたほうがよろしいかと思います。

さらに福利厚生といってもPRの仕方、利用促進のコツなどによりかなり効果は違います。成功例や実体験、私なりのノウハウすべてご提供していきますので、是非私をうまくご利用下さい。

◇◆◇

最後に、飲食店など、平日がお休みのご職業の方の場合、はどうでしょうか。

④ D美容院さんのケース

D美容院(※飲食店等の休日は平日)

    D美容院さんのケース

  • 店主の方が個人的に利用したい
  • 店主のご家族でのご利用
  • スタッフの方にも使わせたい

 →この方も理想はエクシブですが、サンメンバーズでも十分対応できます
(ちなみにエクシブといっても2種類あります。
年間で26泊の占有日と呼ばれる宿泊権利があるエクシブと、同じく13泊のエクシブバージョンです)

★チェックポイント★

  • 休日が平日なので、おのずからホテルの利用も平日となります。したがって、ご予約はサンメンバーズでも問題ないでしょう。
  • 但し、上述のとおりセミスイート以上の広めのお部屋をご利用されたい方は、やはりセミスイート以上のエクシブを購入する必要があります。
  • また、仮にサンメンバーズで問題ないとなったとき、次に考えるのは『枚数の問題』です。サンメンバーズには実は様々なタイプの会員権が存在します。今回ここではそのうち代表的なものを3種類取り上げます。

(1)全日券10枚 + 平日券10枚のブロンズ
(2)全日券20枚 + 平日券10枚のシルバー
(3)全日券40枚 + 平日券20枚のゴールド

以上が代表的な、検討する際のタイプになります。

ちなみに1枚の宿泊券で1人1泊利用でき、全日券は年間を通して全ての期間にご利用できます。逆に、平日券は国の定める祝日の前日、特別営業期間と呼ばれるいわゆるトップシーズンと土曜日の宿泊には利用できません。(詳細は利用規定にて)

例えば、土曜日に大人4名で宿泊するには全日券4枚が必要となり、通常の平日に同じく4名の利用であれば平日券4枚が必要です。(平日には全日券でも対応可能)

結論としては、その方の利用頻度により枚数を決めることになります。もちろん、券がなくなったらホテルは利用できません。ご利用スタイル等私にご相談いただければ、その方に何が適しているのかある程度分かります。

Scroll Up