東京ベイコート倶楽部 2010年レポートvol.1

 2010年のエクシブ攻略術・ホテルレポートは、東京ベイコート倶楽部でスタートを切ります。

東京ベイコート倶楽部

 『東京にリゾート』・『完全会員制』・『都会の隠れ家

 この東京ベイコート倶楽部を表現するには様々な言い回しがあり、既にお泊りになった方も多いことと思いますが、エクシブとはそのコンセプトを異にする新しいスタイルのホテルだと言えます。僕の第一印象も「エクシブとはまた違う種類の感動がある!」というものでした。

 そこで今回、東京ベイコート倶楽部のレポートは第2回目になりますが(前回の記事『東京にリゾート?東京ベイコート倶楽部』)、前回ご案内できなかったものも含めて、エクシブとの比較を交えながらその魅力をお伝えしたいと思います。

 東京ベイコート倶楽部へのアクセスにも楽しみが!

 基本的には新橋から『ゆりかもめ』に乗って、青海駅もしくは国際展示場正門駅で降りてホテルまで徒歩約5分で到着、というルートがほとんどですが、東京駅からりんかい線で新木場経由の国際展示場駅で降りて徒歩10分という方もいらっしゃるでしょう。

 ずばりおすすめは、『ゆりかもめ』です。走行中の景色(夜景もおすすめ)がすごく綺麗なんです。僕はこれががとても好きなので毎回前者のルートを選んでいます。実際、東京ベイコート倶楽部は海沿いに立地しているわけですからこの時期とても寒いのですが、僕が訪れたこの日は、仕事を終えてから行ったため、時間的にも空気が澄んでいて、夜景が大変綺麗に見えました。新橋から最寄の国際展示場正門までは22分ほどですが、お手軽にロマンチックな夜景を観ることもできますよ。(でも、できれば早めにチェックインして、ゆったりとホテルライフを満喫したいところですね)

夜景が大変綺麗に見えました

・新橋駅『ゆりかもめ』 → 青海駅 国際展示場正門駅下車(徒歩約5分)
・東京駅『りんかい線』新木場経由 → 国際展示場駅下車(徒歩10分)
 ベイスイートでもゆったりのスペース

 この日滞在する客室はベイスイートタイプです。ここ東京ベイコート倶楽部には、大きく分けて3タイプのお部屋がご用意されています。ベイスイートラグジュアリースイートロイヤルスイートの3タイプでベイスイートから順にお部屋が広くなり、ロイヤルスイートにいたっては124㎡もあります。

 お泊りできる客室は会員権のランクにより制限はありますが、今回はその内ベイスイートに関してレポートします。

 ベイスイートタイプは、さらに3タイプのお部屋に分かれており、50㎡のダブルベッドルーム、63㎡のツインベッドルーム、そして81㎡の和洋室。用途・人数に応じて選択できるんです。

ベイスイート 81㎡の和洋室 (1)

ベイスイート 81㎡の和洋室 (1)


ベイスイート 81㎡の和洋室 (2)

ベイスイート 81㎡の和洋室 (2)

 今回はその内の和洋室に滞在したのですが、実際十分な広さがあります。ゲスト料金で36,000円とエクシブの同等のお部屋に比べると若干お高くなりますが、独立した和室もあるのでご家族連れならこのお部屋がよろしいでしょう。

ベイスイート 81㎡の和洋室 (3)

ベイスイート 81㎡の和洋室 (3)

 お部屋からの夜景はそれは見事!リゾート地に展開されているエクシブシリーズの眺望もどれも個性的で素晴らしいものがありますが、やはり東京の夜景もまた違った良さがあり、東京ベイコートクラブの魅力を再確認するのでありました。

ベイスイート 81㎡の和洋室 (4)

ベイスイート 81㎡の和洋室 (4)

 客室も落ち着いた色彩で調和が取れており、大変リラックスできる空間になっています。ポイントとしては、この和洋室に関しては客室のバスルームがビューバスになっていないので、お風呂に入りながら夜景を楽しみたい方は、ダブルかツインルームをご指定ください。

ベイスイート 81㎡の和洋室 (5)

ベイスイート 81㎡の和洋室 (5)


 夜景を観ながらの贅沢な食事

中国料理『眺遊楼』さんのお料理をいただきました。

中国料理『眺遊楼』さんのコースをいただきました。



 レストランは、様々なニーズにお応えできるよう本当にバラエティに富んでいます。日本料理(鉄板カウンターに寿司カウンターも併設)・中国料理・フレンチ・イタリアンと、まさに充実のラインナップです。今回は、中国料理・日本料理をレポートします。

『眺遊楼』さんのメニュー (2) まずは、中国料理『眺遊楼』さん。元々、エクシブ山中湖にてエクシブ最初の中国料理レストランを始められた津門(つと)料理長がここ東京ベイコート倶楽部における料理長をなさっています。

『眺遊楼』さんのメニュー (3) 料理の味は僕が言うまでもないでしょう。同時に、素晴らしいのはその眺め。『眺遊楼』という名の通り24階のレストランからのその眺めは夜景がとても美しいものでした。特別な時間を過ごしている、そんな感覚が味わえるのもます。この辺りの感覚はエクシブにはない、東京ベイコート倶楽部ならではの魅力だと思いますね。

『眺遊楼』さんのメニュー (4)> また、日本料理『時宜』さんについても同様で料理の味と共に使われている器も一流!同席した方もその器の素晴らしさに感心されていました。もちろん、レストランからの夜景も眺めることができます。
 さらに半個室も含め、そのほとんどのお席が個室スタイルで周りを気にすることなく食事をすることができます。この日は、生憎満席でしたが、鉄板カウンターからの夜景も素晴らしいとのこと。今回は残念ながらレポートできませんでしたが、こちらもオススメとのことです。

『眺遊楼』さんのメニュー (5) そして、今回の取材で印象に残ったレストランがフランス料理の『マルダムール』です。たまたまお客様もいらっしゃらなかったので、支配人のご厚意によりレストラン内を見せていただくことができました。特に目を引くのが、数え切れないほどのワインが収められたワインカーブに囲まれたお席。このテーブル席は必見です!
 夜景も然ることながら、ちょうどワインに囲まれて個室を形成する空間になっているので、とにかくキレイ!きっとご覧になった方は驚きの声をあげるに違いありません。この空間はなかなかお目にかかることはできないと思いますので、是非ご自身の目でご覧になってください。特別な日や記念日などでご利用されればきっと喜ばれること間違いなしです!

『眺遊楼』さんのメニュー (6) レストランについては、各エクシブのレストランもどれも素晴らしいので、一概に比較はできませんが、やはり東京ベイコート倶楽部では24階のレストランから眺めるその景色の美しさは、料理の味と共に醍醐味の一つです。今までのエクシブの感覚とは違った新しい感覚が体験できると思います。

◇◆◇

 さて次回は、東京を見下ろす形のスパのレポートを中心にお伝えしますのでお楽しみに!
東京ベイコート倶楽部 夜景

東京ベイコート倶楽部 買い取り・販売開始いたしました お客様ご紹介 Y様 お客様ご紹介 浅野様
 
 ご不明な点はどんなことでも結構です、お気軽に
0120−939−134】(土日夜も対応)もしくは、お問い合わせメールまでどうぞ!

(株)ALIVEの詳細
大久保篤のプロフィール

(株)ALIVE代表 大久保篤
多く読まれている記事(7日以内)
  1. エクシブ箱根離宮に行って来ました!
  2. サンメンバーズ ホリデークラブ 個人会員(保証金30万円 全日券20枚・平日券10枚)
  3. エクシブ鳴門 体験レポート②
  4. エクシブ鳴門 体験レポート⑤
  5. 安心できるカウンター【エクシブ山中湖・天婦羅割烹】
  6. ③エクシブ所有権、どれがいい?
  7. ②エクシブ所有権、どれがいい?
  8. グランディ軽井沢ゴルフクラブで絶景を堪能!
  9. エクシブ箱根離宮 2010春レポート総括
  10. エクシブ蓼科でスキー 親父と息子の二人旅
Scroll Up