エクシブ有馬離宮 絶景こそ至高の贅沢

前回の記事「エクシブ有馬離宮 ~関東地方からのルート検証~」をご参考ください。

ロビーラウンジです。曲線の美しいヨーロッパの建築様式でお出迎えしてくれます。

 有馬温泉の高台に位置するエクシブ有馬離宮が目の前に。 車寄せから見上げる建物からは圧倒的な存在感が感じられます。 さらには、眼下に見下ろす景色も今までのエクシブにはない眺望が楽しめます。 前方に見える六甲カントリー倶楽部とのコントラストがとても素晴らしい雰囲気を醸しだしていました。

 すでに行かれた方はおそらく同じような感覚をもたれたと思いますが、天井が高く、開放的なロビーラウンジが、エクシブ有馬離宮の象徴なのかなと感じました。

 さらに、そこから一体となっているパティオと中庭がとても印象的です。 この日も多くのお客様がいらしてましたが、皆さん思い思いにラウンジでのひと時を楽しんでいるようでした。

 ホテルの周囲はそれほど広くありませんでしたが、全体的にゆったりとした造りになっているので、とてもリラックスでき、期待に胸が膨らみます。

エクシブ有馬離宮 パティオです。


絶景こそ至高の贅沢です

 エクシブ有馬離宮に来たらやっぱりコレ!というのが、ホテルから望む景色です。 その中でも露天風呂から望む景色は秀逸です。 前方に見える六甲カントリー倶楽部がその絶景をさらに引き立ててくれているようでした。

絶景に向けて開かれています。

深い山々の絶景に息をのんでしまいます。

 エクシブ箱根離宮の露天風呂からの眺望も素晴らしいものがありますが、ここまで開放的な景色が望める露天風呂は一度体験してみる価値はありますね。 日頃の疲れをこの露天風呂で癒す。 やっぱりエクシブ有馬離宮は想像以上の素晴らしいエクシブです。

 さらに僕のオススメは、イタリアンレストランのテラスからの景色です。 ちょうどレストランからは中庭に通じるテラスへ出ることができますが、このテラスからも雄大な大自然を見渡すことができます。

店内(左)からテラスに出てみます。

 この日は、ランチをイタリアンレストランでいただいたのですが、このテラスから見える景色と斬新な食事が至福の時間を作ってくれます。

眺めが最高です。奥に六甲カントリー倶楽部が見えます。

 さらに、このあたりは美しい山並みに囲まれた土地なので、自然と耳に入ってくる小鳥のさえずりも何ともいえない雰囲気を作ってくれていました。 夜のディナーもオススメだと思いますが、昼のランチも間違いなくオススメですね。 ちなみに、ランチとはいえ、かなりの人気ですのでご予約をされたほうが間違いないですよ。 この日も中国料理レストランはすでに満席とのことでした。

 日本料理レストランには個室も完備されていますし、さらには人気の鉄板焼きコーナーも併設されています。 もちろん、イタリアンレストランにも同様に個室が完備されており、イタリアンに関しては個室からも外の中庭が見える設計になっています。 なんとも心憎い設計をされていますので是非ご自身の目でお確かめください。

日本料理レストランからもこの眺望を見ることができます。


大きな窓から見える景色がとても気持よく感じます。

 中国料理レストランについては、この日は見学できませんでしたのでまた別の機会にご紹介したいと思います。 ランチでも予約で満席とのことでしたから、こちらもかなり期待が持てそうです。

その他の撮っておきフォト

エクシブ有馬離宮 外観とロビーラウンジです。

パティオの内部です。

お部屋じゃありません。これは「エレベーターホール」なんです。素敵ですね。

「水辺のバー」レストランと併設されています。夜景も楽しめそうです。

専用エレベーターで「スパ」へ。プライベートでくつろげる「ROSAGE」トリートメントサロンもあります。

イタリアンレストラン「Maretta」でランチをいただきました。とても美味しく、丁寧なサービスでしたので、コストパフォーマンスもかなり良いと感じます。レストランは人気なのでなるべく予約をされたほうがいいと思います。



スタッフさんの計らいでテラスでデザートをいただきました。

◇◆◇

 今回はレストラン等の付帯施設中心のレポートになりました。 まだオープンしたばかりですが宿泊されたお客様の感想は上々のようです。 僕も実際エクシブ有馬離宮に来て思ったのは、建物のクオリティの高さは言うまでもありませんが、何と言ってもホテルから望む景色の素晴らしさに感動しました。 きっと、日頃の疲れを癒し、明日へのパワーをチャージするには打ってつけの場所になると思います。

 有馬の美しい山並みに抱かれたエクシブ有馬離宮は、温泉地として有名な土地らしく、皆様の体を心身ともに癒してくれる素晴らしい施設でした。

 関西エリアのかたはもちろんのこと、関東からのお客様も自家用車や新幹線を利用して起こしになってみてはいかがですか? 今回のレポートとしては、新神戸からのアクセスをメインに考えましたが新神戸からのアクセスを参考にしていただければ、エクシブ有馬離宮がきっと身近な存在になると思います。 個人的にはバスの利用が意外に便利だと思いましたよ。

2 件のコメント

  1. 森 良広 様

    10月15日 我ら夫婦でお世話になります。
    結婚40周年の節目に「有馬離宮」を記念の場所としたくエントリーしました、十二分 雰囲気を満喫するつもりです、宜しく。
     昨年は浜松 グランドエクシブへ、一昨年は京都・八瀬離宮と
    エレガントな其々の味わいを楽しんできました。
     今回は夜景・山々をじっくり味わいます。

    2012年10月5日
  2. okubo 様

    森様、コメントありがとうございます。
    有馬離宮でのひと時、存分にお楽しみください。
    結婚40周年ですか、すごいですね。
    私は、まだその半分にも達していません。
    心より敬服いたします。
    そして、おめでとうございました。

    2012年10月12日
東京ベイコート倶楽部 買い取り・販売開始いたしました お客様ご紹介 Y様 お客様ご紹介 浅野様
 
 ご不明な点はどんなことでも結構です、お気軽に
0120−939−134】(土日夜も対応)もしくは、お問い合わせメールまでどうぞ!

(株)ALIVEの詳細
大久保篤のプロフィール

(株)ALIVE代表 大久保篤
多く読まれている記事(7日以内)
  1. 《大胆予想》2020年誕生予定の横浜ベイコート倶楽部・カハラホテル&リゾート横浜
  2. エクシブ箱根離宮 客室特集
  3. エクシブおせち2015「美食セット・福寿の宴」
  4. エクシブ箱根離宮 レストラン紹介
  5. エクシブ鳴門 体験レポート①
  6. エクシブバージョンZ 鳴門 Eタイプ(Eグレード・占有日13泊)
  7. エクシブ箱根離宮に行って来ました!
  8. 東京ベイコート倶楽部 2010年レポートvol.1
  9. エクシブ会員権の魅力
  10. エクシブ白浜・冬のとっておきレポート①
Scroll Up