index.php

この大木のように…

公開日:2009年5月21日 

ts3h0144
先日、戦略社長塾なるセミナーに参加してきました。

主催は税理士法人 羅針盤さん。

実は羅針盤さんは、株式会社ALIVEが大海の中でゆらゆらと行く手もわからず遭難せず、無事に航海ができるよう進路を定めてくれる弊社の顧問税理士事務所なのです。

そして、その代表でもあり税理士でもあるのが望月重樹先生。僕の高校の同級生で社労士でもある彼は保険にも精通しておりますので本当に頼りになります。これからもおそらくご迷惑をおかけしますがよろしくお願いしますね、もっちゃん!いや望月先生!!

ところで、そのセミナーですがポイントは冷静に現状を把握・分析すること。そしてそのことを数字として出し、自覚すること。そういうことだったと思います。

とは言っても、自分の未熟さを嫌というほど痛感させられたのでした。そして、仕事はきれいごとだけでは済みません、泥臭い仕事も重要であり、自分はやっているか、やってない、そんなことを自問自答しながらの2時間でした(全4回の1回目)。

この100年に一度といわれる世界的経済不況の中でどうしていくべきか。どの企業も必死にがんばっています。今日がなければ明日はない、明後日も、来年も。しかし、今日だけ見ていても気付いたときには、ということもあり得ます。難しい…。本当に難しい…。

 

でも1つ言える事。それは何事も自分1人でやっているのではない、多くの方々の支えがあって今があるんだよね。自分1人の実力でもないし、周囲の意見に耳を傾けて、感謝の気持ちを忘れない。

もちろん、周囲に頼りっぱなしじゃダメ。小さい船で危なっかしいけど、目一杯オールを漕がないと。がんばろうっ!

ts3h01532

冒頭の写真、「これは何?」と思われたことでしょう。冒頭写真奥に見える大木がこの上の写真。『楡の木』(にれのき)で樹齢は約100年とのこと(静岡では有名な浮月楼さんの庭園に今でも元気に立っています)。

こんな大木も自分で成長していく力と、周囲の支えがあって生き続けていくんだなあ。

Scroll Up