index.php

謹賀新年

公開日:2013年1月7日 

新年あけましておめでとうございます。

本年も株式会社ALIVEをどうぞよろしくお願いいたします。

さあ、2013年のスタートは、息子撮影の富士山から始まります。

 

 

忘年会やらお正月、新年会など、連日の暴飲暴食?により怠けきった体に喝を入れるべく、この日は息子と一緒にトレイルランといえば聞こえはいいが、要は山野を走りながら?いや歩きながら?徳川家康が埋葬されている久能山東照宮へ参拝に行ってきました。

まずはここからスタート!

いきなりの上り坂です。

しかし、上り切るとこの景色。

遠くに富士山を眺めながらイイ気持ち。

ゴールタイムを予測しながら、息子と歩く。

はい、上り坂でしたので、すでに歩いています。

あんまり無理しないでね♪

こんな感じのコースを息子と、

やっぱり歩く!

ハイキングコースになっているので歩きやすい。

しかし途中、

遠足で一度経験がある息子と、僕も一度だけ経験があったのだが、

「この道、ちがくね!?」

お互いうろ覚えだったため、どうやらルートを誤ったらしい。

しかし、

なんとかなるでしょ!

と、迷わず前進!

すると、見覚えのある風景。

「あ~、あそこで間違ったんだよ」と息子。

「ちょっと時間ロスしちゃったね。ま、いいか」

と、良くも悪くも切換の早い息子の言葉。

時々、そんな息子の言動に助けられることがある。

こんな感じのコースを、

やっぱり歩き、

息子との時間を楽しむ。

「ここの空気は気持ちいいね」

「たまにはこういうのもいいよね」

そんな会話をしながら、最初の目的地に到着。

「日本平」

ここから望む富士山は格別だ。

ここにある日本平ホテルは、木村拓哉主演の「華麗なる一族」の自宅としてロケで使用されたことがあります。

この度新たにリニューアルされ、今週末参加する地域の新年会もここが使用される。

 

今回の衆院選で落選してしまった地元の先生は来るのだろうか?

僕が心配することではないが、お子さんも同じ小学校だし、やっぱり気になる。

 

そして写真は、

「赤い靴はいてた女の子…」

どうやらお母さんが清水の出身らしい。それで、日本平に銅像が建てられたそうだ。

色々な定説があるが、

いずれにしても親子が離れ離れになってしまうのは悲しいものです。

ここから、ロープウェイにのって、

久能山東照宮へ参拝に行く。

ここは、静岡の地で晩年を過ごした徳川家康が埋葬されている神社で、本殿などが国宝に指定されている。

この日も多くの参拝客で賑わっていました。

小学校の先生にも偶然会い、新年の挨拶。

多くの参拝客に混じって、ジャージ姿の親子は少々違和感はありましたが、まあいいね。

毎年のことだが、お正月は本当によくお願いばかりする。

あれもこれも。

家庭に、仕事に、学業、などなど。

 

息子は何をお願いしたのかな?

まあ、いいか。

とにかく、今年も健康でよい1年にしたいと願う。

パン、パン!

ここに家康公が眠っている。

『堪忍は無事長久の基いかりは敵とおもへ』

『人の一生は重荷を負ひて遠き道をゆくが如し急ぐべからず』

怒ることは敵だと思いなさい。重い荷物を背負っていく人生。

人を責めることばかりいっていないかな?

人の良いところを素直に認められる大人になりたい、とそう思う。

人を責めたり、非難したりする光景は好きではない(当たり前だが)。

人の指摘をする前に、まずは自分に問いかけよう。

自分はやっているか?

他人を指摘する前に、自分はどうなのか?

常に客観視できる冷静さを失わず。

参拝も無事に済ませ、帰りは一気に走って帰りました(帰りはほぼ下りでしたので)。

息子と語らいながら、今年の抱負。

受験。

選択し、与えられた環境が、人間の人生を方向付けていく。そして、親の選択が子供の人生を左右する。

しっかり話してゆっくり決めていこう。

家康公もそう言っていたから。

しかし、家康公はなかなかしたたかな方でした。

参拝のための拝観料にロープウェイ代金。

2人合計で、2,200円。

 

今年もよろしくお願いいたします。

皆様にとってもよい年になりますように…。

 

 

 

 

Scroll Up