index.php

東大

公開日:2013年3月6日 

目指したこともなければ、もちろん卒業生でもありません。

安田講堂。

やはり、歴史と重みを感じる。

たくさんの子どもたちが見学?

きっと、「将来はここの学生になるぞ」と、誓っているに違いない。

東大のキャンパス。

銀杏並木を歩いていても気持ちが良い♪

東大に限らず、大学のキャンパスはやっぱりいいね。

少しの間だけ、学生時代にタイムスリップ。

赤門。

東大の代名詞ですね。

この門をくぐりたくて受験生は必死に勉強するんだ。

今年の合格発表は、3月10日。吉報を待っている方々は、落ち着かない日々を過ごしていることだろう。

この日は、合格発表の掲示板が設営されていました。

サクラサク?

いや、咲かなくてもいいんだよ。

大事なことは、目の前のことをすべて受け入れ、そのときにできる小さな一歩を踏み出すこと。

ところで、なぜ東大にいるのか?

単純に東大のキャンパスに入りたかったのですが、本当の理由はもうひとつ。

ここならきっといいアイディアが浮かぶかなと思いまして…。

東大の学生さんのパワーをいただけば、日頃浮かばない発想も出てくるかも!?

しかし、このベンチ、気持ちよかったなあ。

すずめが僕に近づいてきて、チュンチュン。

猫がのんびりとお昼寝。

しばらくここに居ましたが、ポカポカ陽気の快晴も手伝って、ついウトウト…。

 

実は、ここで卒業式の祝辞を考えていたんですよね。

厳粛な雰囲気の中での言葉なので、今から緊張していますが、なんとか無事に終えられればいいのですが…。

ブツブツ喋りながら考えていたので、怪しい人に思われたかも?

とりあえず、原稿はなんとか出来上がった。

あとは、修正してなんとか暗記しないとね。

我が子の卒業式は来年ですが、親御さんは感慨も一入だろう。

そしてこの日の夜は、高校の同級生と一杯!

高校の卒業式からもう20年以上が経った。

しかし、当時の感覚に戻るんですよね。

それが嬉しい。やっぱり友達を大切にしないとね。

ちなみに、母校の卒業式は、実に味気ない卒業式だったことを憶えています。

みんな、共通2次試験が控えていたから、卒業式どころではなかったんですよね。

(共通2次って、時代を感じます)

赤本持っている人もいたような…。

 

何はともあれ、受験生の皆さんはあとは吉報を待つのみ。

そして、小学校の卒業生は体調を崩さないように、元気に卒業式に参加して欲しいな。

オジサンもがんばるよ~。

 

ただ、同級生と日本酒の飲みすぎで暗記したところが…(爆)

最後に、赤門って、東大の正門じゃないって知ってました?

 

Scroll Up