index.php

緑の運動会

公開日:2014年6月2日 

前日の『男だらけの運動会』の翌日は、末娘の小学校で『緑の運動会』でした。

なぜ緑の運動会かって?

ご覧のとおり、一目瞭然。

今年は過去最高の芝生になりました。

フカフカの緑のじゅうたん♪

グラウンドの芝生化が始まって4年目。

幸いずっとその過程に携わることができましたが、本当にここまで来るのには並々ならぬ多くの方々のご尽力がありました。特に先生方や子供たちの芝生の活動には頭が下がります。

 転んでもケガはありません。

気温が抑えられ熱中症対策にも絶大な効果。隣りの中学校とは夏の暑い日の同じ時間で10度もの違いがありました。これってスゴイことですよね。

さらに、砂埃が舞わないので周辺にお住いの方々にも優しい校庭です。

そして何よりも素晴らしいのは、子供たちのこの校庭への誇りです。

自分たちで管理をし、育てる。

母校への愛校 心が芽生えることで、学校がより好きになります。

会うと大きな声で挨拶をしてくれるその表情から僕も大きなパワーをもらいます。

子どもの力ってスゴイ!

なのになんで?ってことが世の中多すぎる。

大人が大人になりきれず‥。

必死に仲間を応援する姿を見ていると、勇気が湧いてくる。

子供たちの表情からそんなことを 学びます。

「見ているよ!」

これだけで子供は安心するのだと思う。

僕の大好きな中3のH君のお兄ちゃん。

頭は相変わらず茶色かったけど、単位制の高校に行っているそうで、

「ガンバレよ!」と、声をかけると、

「ありがとうございます」という思いもよらない言葉が返ってきた。

そして、その顔の表情は以前より穏やかになっていました。

ものすごく嬉しかった♪

 小学校の校庭では、ゆうかりじっちゃんが子供たちを見守ってくれています。

『安心感』

これからも子供たちをしっかりと守っていこう。

そんな思いにさせてくれた緑の運動会。

 

ところで、開会式の挨拶ですが、校長先生のパフォーマンスが最高でしたので、かなりやりづらかったです。

でも思いは伝えることができたのではないかなと勝手に思っています。

それにしても、今度の新しい校長先生は心から尊敬できる素晴らしい教育者だ。

 

Scroll Up