index.php

いつもの店

公開日:2014年9月9日 

もうすっかり秋ですね~。

いつもの店に行くと、こんな感じで出してくれます。

34歳と若い店主ですが、勇気と覚悟がある、大好きな男です。

僕は素人ですから、料理のことは多くは語れませんが、やっぱり人だね。

とても気持ちがよく、清々しい雰囲気がカウンター越しに感じられます。

オクラの花に隠れて見えませんね。

下にはお造りがあったのですが、なんだか分かりませんね。

間違いなく美味しかったのですが。

「あるよっ!!」

って、出してくれたお酒の友。

実際は、冗談が好きで、本当に気さくな男です。

しかし、絶対に言い訳をしない、 拘りのある人柄がお客さんを呼ぶんだね。

もう逃げることができない!やるしかない!料理と真剣勝負!

それでいて、優しい笑顔を持った、3人の幼い子供のお父さん。

だからかな?料理が優しく感じるのは気のせいだろうか?

「最後に温かいものが食べたいんだけど 」と言ったら、

「大久保さん、これ食べて」って出してくれた。

心から温まる食事でした。

もうこの店には何度も足を運んでいるけれど、ここの人が好きなんだなあ。

やっぱり最後は人だね。

自分もそんな仕事をしよう。

弱冠34歳の店主に今日も教えられた気がします。

Scroll Up