index.php

昨年の今頃は‥

公開日:2014年10月24日 

あの時は、大型の台風が列島を直撃だったなあ。それも2つ同時に。

小学校のPTA主催のお祭り(バザー)がいよいよ明日に迫った。

昨年の今頃は本当に大変だった。

 

中止にするのは簡単だが、それによる影響は計り知れない。

物品の返還、キャンセル料、人員の再確保、バザー等の収入減、そして事故やケガ。

 

1週間前から毎日天気予報を見ては、校長先生と話し合い。

さらに、翌日に開催予定だった地域のお祭りは早々と延期を決めていた。

 

そして追い打ちは、当日朝6時に発令された大雨警報。

究極の選択を迫られたが、なんとか8時に警報が解除になり、30分遅れで開催しました。

何かが起こればすべては自分の責任で、もし事故などあったらと思うと‥。

しかし、なんとか無事に終えることができたのが1年前の出来事だった。

1年が経つのが本当に早い。

今年は天気は良さそうだ。

ここまで準備をしてきてくれた役員さんたちには感謝の言葉しかない。

 

特に女性、お母さんたちの貢献度と言ったら。

と言っても、ほとんど女性ですが。

チームワーク、女性リーダーの的確な判断、ロスのない分担、 どれをとっても非の打ちどころのない完璧な準備が整いました。

 

あとは、細心の注意をはらい、自分たち自身が楽しんで明日を過ごすこと。

もちろん、想定外の事態に備えての危機管理は言うまでもありません。

お父さんたちは、バーベキューコンロ8台で4,000本の焼き鳥と400本のフランクフルトを焼き、テントの設営から力仕事全般。

今年も30人の頼れるお父さんたちが協力してくれます。

本当にありがたいことです。

 

仲間が1人1人に連絡して、参加をお願いしてくれました。

「お願いします」と頭を下げ、

「ありがとうございます」とさらに頭を下げてくれました。

 

やっぱり1人では何もできないね。

バーベキューコンロもみんな快く貸してくださる。

「ご苦労様」

「今年は晴れそうで良かったね」

「無事に終わるといいね」

みんな優しいな。

ドリンク類を冷やす氷も準備万端。

あと1日。

今日は最終チェックをして明日に備えよう。

まだやることはたくさんありますが。

 

それでも、子供たちの満面の笑顔が見られると思うとワクワクしてきた。

 とにかくケガや事故のないように。

そして心の底から明日1日を楽しみたい♪

Scroll Up