index.php

繁盛する理由

公開日:2014年12月10日 

いつ行ってもお客さんで一杯の店。

理由は何だろうか?

今年も静岡は『遊心』さんで忘年会。

父と母も誘ったがご多忙とのこと。

きっと14日のあの投票がらみだね。

何をいただいても美味しい。

お値段もリーズナブル。

どんな味なんだろうというドキドキ感もいいけれど、やっぱりブレない安心感!

地元の食材も豊富。

清水の野菜、折戸ナス。

 

オリジナルメニューも豊富で食べることってやっぱり楽しいなと感じる。

食べることは生きること。

それにしてもこんなにお客さんが来るのはなぜだろう?

理由が分かれば苦労はしないが、なんとなく感じるのは、

そこで働く人たちの『面構え』かな?と勝手に結論付けました。

料理(商品)に対する自信と誇りと愛着。

スタッフ同士のコミュニケーション。

お客様をこころからおもてなししようとする思い。

全てが結集し、思いが一つになり、そしてそれが そこで働く人たちの『面構え』に表れるのだと勝手に思っています。

もちろん簡単にできることではありませんが。

僕もここに通ってかれこれ約20年。

そして、それを受け取る私たち は、そんな微妙な感覚を敏感に感じてしまうんですよね。

きっとこのお店は、そのバランスがすごくいいのだと思う。

だから、ココの空気はすごく気持ちいいんですよね♪

これなら繁盛するわけだ!

 そして帰り際。

「大久保さん、いつもありがとう!」

という威勢の良い大将(ご主人)と女将さん(奥さん)のやさしく元気な声。

 

そして思いました。

一番大切なことは、夫婦が仲良く暮らすこと。

 家族が仲良く暮らすこと。

アン肝、誰かに食べられちゃったみたい(笑)

Scroll Up