index.php

食べることは生きること、そして愉しむもの

公開日:2015年4月2日 

いつものお店で家族で夕食。

ここは空気感がイイ♪

食事って、作り手と、それを美味しくいただく側とのキャッチボールのように思う。

同じものを食べても、味の感じ方は千差万別。

だから、「お金を払っているのは客なんだから」という人は好きではない(当たり前ですね)。

さらに、愉しく 食べるには、その雰囲気が最も大事ですよね。

このお店には、今までも何度もお世話になっていますが、いつ行っても新鮮で気持ちがいいんだよなあ。

何より親方と奥さん、そしてスタッフのEちゃんの人柄が優しくて、温かい。

ところで、この初鰹悶絶しました!

「美味しいね」

「きれいだね」

「幸せ~」

食事ってスゴイなあ。

一瞬にして、人々を笑顔にしてしまう。

さらに言うと、食事の内容以前に、気心の知れた、気持ちの良い関係の中で食事をすれば、どんなものでも美味しく感じられるはず。

 だから、家族で食事をすることが大事なんだよね。

これは、お恥ずかしいのですが、僕が作ったしめ鯖。しかも、食べかけ。

クオリティの違いというか、比べてはいけない、別次元のルックスですが、これが実は美味しくて、仲良しのT君家族との家飲み会で 出してみると、

「大久保さん、意外にイケるじゃん。美味しい美味しい。」という反応。

やっぱり、お世辞とは言え、人間はほめられると嬉しいものだよね。

T君家族とは時々我が家で飲み会をするのですが、これがものすごく楽しい。

みんな笑顔で一杯なんだよね。

やっぱりプロの仕事は違うね。

見せてはいけないものを見せてしまったような‥‥。

 そして、帰り際。

「大久保さんっ、いつもありがとうございます。また来てください!」

なんて気持ちの良い人たちなんだろう。

そして、先日の『初戦突破』に引き続き、今回のコレ!

こんな心遣いが嬉しくて、泣けてくる。

感の良い方はすでにお気づきかもしれませんが、

「また飲みに行ったんだ~」

静高野球部、本当に頑張ったね。ありがとう~~♪

〆の写真はまたまた甲子園になってしまいましたが、美味しいものを、気心の知れた人たちや、家族、仲間たちと愉しく食す。

そして、みんな笑顔に溢れた幸せな時間を 体中で感じることができたらイイね♪

今週末は、桜の見ごろ。天気予報が微妙ですが、皆さん飲みすぎには注意して愉しい時間を楽しんでください。

 もちろん、僕は‥‥。

ちなみに、甲子園のアルプスは最高に幸せな場所でしたが、この外野席もまた違った趣で良かったですよ。

何より、入場は無料ですから。

 

Scroll Up