index.php

仲間を思う

公開日:

相手校のカウンター攻撃に対して必死の形相で戻るキャプテン!

常にチームメイトを鼓舞する言葉をかけていたね。

息子が最も親しくさせてもらっている友人でもあります。

正確も素直で、運動能力も大変高く、何より頭がいい!

息子と仲良くしてくれていて、親としても本当にありがたいことです。

まさに校風でもあるジェントルマンを語るに相応しい好青年です。

この日はスタメンから外された息子。

理由は、前日の練習に参加できなかったから、とのこと。

どうやら間近に迫った学園祭の準備を1人でしていた友人Cを放っておけず、一緒に作業をして練習に参加しなかったらしい。

前日の練習に参加しないと、試合には出してもらえない監督であることを知った上での行動。

本人に聞くと、それでもいいと思った、と。

大事な公式戦と比較できるものではありませんが、今回は息子の意思を尊重しました。

自分が手を抜いたら、仲間に迷惑をかける。

自分が止めなければ、他の仲間の負担が増える。

スポーツをやる意味って、そうしたことを学ぶための一面もあるように思います。

まだまだあると思っていたサッカー部での活動もあと1年を切りました。

これからも一生付き合える仲間を作ってほしいですね。

帰り際、1人の青年が私に声をかけてきました。

「先日はありがとうございました」

この日の相手校のユニフォーム姿でした。

先日、この日の対戦校と練習試合をしてもらった時に、自転車のカギをなくしてしまった1人の青年を、自転車を車にのせて送り届けたことに対するお礼の言葉だった。

「対戦が決まった時に、きっと来るだろうと思っていました」とのこと。

「次も頑張れよ!」

「はい、頑張ります!!」

スポーツの素晴らしさをあらためて感じるとともに、本当に清々しい気持ちにさせてくれた青年にも心から感謝♪

ご感想・ご質問などございましたらこちらのコメント欄にご記入ください。
いただいたコメントにお返事を付けさせていただきます。
また、質問等はフリーダイヤル:0120-939-134 でもお受けしております。(土日夜も対応)どうぞお気軽に!

Scroll Up