index.php

アキゾラ

公開日:

朝晩は冷えるものの、すっかり秋めいた毎日になり、とても過ごしやすくなりましたね。

空の様子を見ても、夏が終わり、秋を迎えたことが分かります。

こちらの群馬県は太田市の大光院は、群馬県内では初詣でで有名な場所らしいですね。

この松の枝ぶりは見事でした。

少し足を延ばした金龍寺では、七福神がお出迎えをしてくれました。

最近は特に、歴史を辿りながら、寺社や仏閣を見て廻るのが好きになりました。

史跡・金山城跡では城は残っていないものの、石垣が見事に残っており、想像を巡らせながら歴史をひも解くのが、とても楽しいですね。

城跡山頂からのアキゾラは、まさに天晴れ!

関東平野が眼下に拡がっていました。

大イチョウも存在感がすごく、圧巻でした。

その後、群馬県太田市から軽井沢を経由して、日本海は新潟・直江津まで来てしまいました。

やっぱり日本海は、太平洋のそれとは異質なものですね。

アキゾラも爽やかな空というよりは、むしろ荒々しい迫力すら感じられます。

しかし新潟の海の幸は、日本海の荒々しさとは反して、繊細で美味しいものばかりでしたよ。

こちらの地方の名物『スル天』

スルメの天ぷらですね。

さらに、どろ海老というのだそうです。

ご覧のように、すぐに頭部周辺が黒く変色してしまうので、遠方には出荷できず、この辺りでしかいただけないとのこと。

旨みが凝縮した本当に美味しい海老でした。

こんなダムの景色もなかなか美しい景色でした。

この後、日本海から静岡まで車で帰ったのですが、意外に近いなあという印象。

建設するにはお金のかかる高速道路ではありますが、確かに便利ではありますね。

 

『アキゾラ』に癒されましたが、でも、もうそこには冬の足音が聞こえているんだね。

ご感想・ご質問などございましたらこちらのコメント欄にご記入ください。
いただいたコメントにお返事を付けさせていただきます。
また、質問等はフリーダイヤル:0120-939-134 でもお受けしております。(土日夜も対応)どうぞお気軽に!

Scroll Up