index.php

静岡ショック

公開日:

ラグビーワールドカップが、日本でここまで話題になるとは正直想像していませんでした。

海外メディアから『静岡ショック』とまで言われたアイルランド戦の勝利!

本当に心が揺さぶられる素晴らしい闘いでした。

会場は静岡だったのですが、息子の大学受験や娘の塾もあったりで、今回は全試合自宅で観戦しようと決めていました。

観戦は自宅でしたが、家族で観られて本当に感動するゲームでしたね。

あのようなゲームならば、ラグビーのルールはあまり解らない方にも何かが伝わったに違いありません。

チームメイトのために体を張って前進する姿勢は、私たちの生き方にもリンクするように思います。

もちろん、それはラグビーに限ったことではなく、スポーツの精神の原点とも言えますよね。

肋骨はもしかしたら折れているかもしれません。

でも、次の試合は出てくるかもしれませんね。

異国の地である日本代表のために体を張っている選手には、本当に頭が下がりますし、尊敬の念しかないですね。

2人のリーダー!

私たち日本人以上に日本を理解しているかもしれません。

私たち日本人が忘れかけているモラルや、謙虚な姿勢、相手を敬う気持ちを、彼らが身をもって教えてくれています。

私も高校・大学とラグビー部に籍を置いていたので、試合後はLINEや携帯が鳴りやみませんでした。

彼らのレベルとは雲泥の差がありますが、自らを犠牲にして、チームのために献身的にファイトする姿勢には、本当に感動しています。

彼はJAPAN(日本代表)の精神的支柱であり、おじさんの星ですね(笑)

「もうかりまっかぁ?」と聞かれると、

「ボチボチでんな」と返す38歳!

そして、この人もJAPANのリーダーになりましたね。

もう、五郎丸のあとの人とは言わせない!!

ラグビーが日本中を笑顔で一杯にするのも嬉しいけれど、将来を担う子供たちが、一人でも多くラグビーに触れ合ってくれたらうれしいですね。

運命のスコットランド戦は、10月13日キックオフです!

ご感想・ご質問などございましたらこちらのコメント欄にご記入ください。
いただいたコメントにお返事を付けさせていただきます。
また、質問等はフリーダイヤル:0120-939-134 でもお受けしております。(土日夜も対応)どうぞお気軽に!

Scroll Up