index.php

家族の話 

公開日:

今日も家族のどうでもいいお話です。最後までご精読いただけましたら幸いです。

それは、都内で大学に通っている長女が、一時自宅に帰ってきていて、妻と3人で夕食を食べている時のことでした。

妻のLINEのビデオ通話に、高2の次女から連絡が入ってきた。

「骨折したかもしれない!?」と。

腫れ上がった左手を見せ、照れ笑いなのか大きな声で笑う声が聞こえてきました。

周りには同級生もいるようでした。

この日は、高校の文化祭で披露するダンスの練習に行っていたのでした。

選考されるためのオーディションがあるとのことで、必死に練習していたのですが、どうやら練習終わりのふざけて遊んでいた時に、転んでしまったようです。

まあ、自業自得ですね。

それでもダンスが踊れない事への動揺もあると思われたので、帰宅してからは、すぐにナオ先生に連絡を取り、明日の診察の段取りをとりました。

我が家では、整形外科はナオ先生、耳鼻科は純ちゃん先生と決まっていて、いずれも高校の同級生なので本当に安心して受診できるし、とてもありがたい存在です。

自宅の近所にもクリニックはあるのですが、そこには行きたがらないのです。

翌日の診察を受けると、

「はい、骨折」と言って、レントゲン写真を見ながら説明を受けました。

ただ、幸いにも左手第2中手骨の軽傷だったので、ひとまず安心しました。

文化祭のダンスはどうなるのかな?

とは言え、娘も心配していたほど落ち込んではいなかったので、少し安心したのも本音。

それにしても、ナオ先生にはこれまでも家族総出でお世話になりましたね。

長男もこれまで2度の骨折で通院しましたし。

 

ちなみに、写真は先日行った天城は浄蓮の滝と河津の大楠でした。

この大楠は、長女が妻のお腹にいるときに立ち寄ったところで、記憶をたよりに行ってみましたが、あれから21年も経ったんだなあ。

ということで、我が家の日常の一コマで申し訳ございませんでした。

皆さんも病気・ケガ等、十分にお気を付けください。

やっぱり、災いは気を抜いたときに起こるようです。

ご感想・ご質問などございましたらこちらのコメント欄にご記入ください。
いただいたコメントにお返事を付けさせていただきます。
また、質問等はフリーダイヤル:0120-939-134 でもお受けしております。(土日夜も対応)どうぞお気軽に!

Scroll Up