index.php

京セラ美術館

公開日:

平安神宮の隣にある京セラ美術館。

正式には、京都市京セラ美術館なんですね。

威風堂々、荘厳な雰囲気を漂わせる立派な建物でした。

感染症対策を綿密に行いながらの運営でしたが、その徹底ぶりがうかがえて、安心して観覧することが出来ました。

私は常設の展示物を観覧したのですが、一際印象的だったものは、日本庭園にありました。

どこにその印象的なものがあったかというと、中央にあるガラスのオブジェがそれです。

杉本博司さんという方による作品なんだそうです。

『ガラスの茶室 聞鳥庵(モンドリアン)』

私は存じ上げなかったのですが、その世界では有名な方のようです。

和の日本庭園の中に、対照的な現代芸術を織り込みつつも、茶室という日本文化との融合が印象的でした。

この日本庭園、ずっと見ていても飽きなかったなあ。

まだまだコロナ禍との戦いは続きそうですが、たまには心の開放をするのもいいかもしれません。

ちなみに、この庭園は誰でも入れますので、美術館はコロナが怖いという方は、庭園だけでも見に行かれてみてはいかがでしょうか?

ご感想・ご質問などございましたらこちらのコメント欄にご記入ください。
いただいたコメントにお返事を付けさせていただきます。
また、質問等はフリーダイヤル:0120-939-134 でもお受けしております。(土日夜も対応)どうぞお気軽に!

Scroll Up