index.php

意地!

公開日:2010年9月9日 

先日の日曜日、子ども達の小学校の地区における、町別の運動会が開催されました。

前回のブログでも触れたように大人同士の本気の運動会なんです。

16町の誇りと威信をかけた闘い!少し大袈裟に聞こえますが、本当にスゴイんです。

そして、僕も競技に参加。1人3種目までと決まっているので、大縄跳びと順送球、さらにはサッカーボールのドリブルリレーにエントリー。

結果はというと、大縄跳びから4位(8チーム中)、3位(5チーム中)、2位(6チーム中)。まあ、可もなく不可もなく。それほど、褒められた成績ではありません。

 

そこで、実は今日の主役は僕でも大人達でもなく、我が家の子ども達!

大人の運動会と言っても、もちろん子ども達の種目も存在します。

 

その中でも、クライマックスの町別対抗の子ども達のリレー。

 

1年生から6年生までの男女12人が、それこそ各町内の威信をかけて走りぬきます!

我が家の3人の子ども達は、予め行われた町内の予選で見事に3人とも選ばれ、本番に臨みました。

このリレーは、小1の女子から男子、小2の女子とバトンが繋がれていくため、なんと小1の末娘はトップバッター。

 

正直言って僕が最も心配していたのが彼女。

 

小学校の徒競走では、期待していたわりにはあまりいい走りが出来ず、自信を失っていたため、この日も不安で一杯だったはず。ましてや、リレーは序盤の位置取りが大きく勝敗を左右するから、バトンを落とさないかな?転んだりしないかな?とこちらもドキドキでした。

 

そして、いざスタート!!

 

いいスタートがきれ2位でバトンゾーンに入ると、スムーズにバトンが繋がれここで1位に躍り出ます。

最高のスタートがきれました。末娘も「やった~!」という達成感に満ち溢れた表情。僕もホッと胸をなでおろします。

 

そして、次は小3の長男。町内の予選では余裕で選ばれるはずが、ギリギリの選出で僕のカミナリが落ちたものだから、「本番ではガンバル!」と約束していた長男。

見事にトップで引き継いだバトンをそのまま1位で繋ぎます。

 

最後は、小5の長女。その前に行われていたパン食い競争でなかなかパンがくわえられず、モタモタしていた彼女。走りには自信のある彼女としては屈辱だったのでしょう。

「お父さん、リレーでは頑張るからね!」

そう約束していた彼女も意地の走りで、トップを守り抜きました。

 

結果は…、

ぶっちぎりの1位!

 

本当にみんなよくがんばりました(もちろん、リレーに出場した選手全員)。

そして、何よりも子ども達だけでなく、町内の全ての人たちが心から喜んでいる光景を見て、

「本当によかったなあ~」と。

それまで、精彩を欠いていたわが町内は一気に元気を取り戻した瞬間でもありました。

 

 

と、はっきり言って、単なる親バカの文章を最後までご精読いただきましてありがとうございました。

今回は、3人それぞれに意地の走りを感じたもので、親バカを承知で書かせていただきました。

 

でも、本当に忘れてはいけないのは、

 

本番のレースに出れなくて悔しい思いをいている仲間がいること。そして、彼らが仲間の為に一生懸命応援していたこと。

このことを見逃してはいけないと思います。

 

だから、子ども達にもそんなことを教えていきたいし、僕自身もそんな気持ちを忘れないでこれからの人生に生かしていきたいと思います。

そして、この日の最後は、

もちろん反省会という名の飲み会で締めました。

Scroll Up