index.php

大きいのは体ではなく、心!

公開日:2011年5月26日 

元大関・小錦といえば誰でも知ってる人気者のお相撲さん。

今では「KONISHIKI」かな?

先日お客様のご紹介で、幸運にも一緒に食事をさせていただく機会がありました。

約束の時間より少し早めに到着して待っていると、

自動扉の向こうから、あの元大関・小錦(以下、大関と呼ばせていただきます)が現れた。

体重は現役のときよりもかなり痩せられていましたが、

歩き方はまさにあの時のまま!

やっぱり雰囲気あります。

現役当時は最高で285キロあったといわれる体重は、ほぼ半分位になっているらしい。

それでもやっぱり大きいね♪

周りの人たちもすぐに誰か分かるようで、写真撮影にも気軽に応じていました。

このあたりの気さくさと人懐っこいところが人気の所以だと思います。

この日は7人で食事をしましたが、最高に楽しく、笑いの絶えない、本当に思い出に残る1日になりました。

また、大関の奥様にも同席していただき、

僕が言うのもなんですが、実に知的でチャーミングな素敵な女性。会話は楽しく、とってもフランク。背もスラッと高く、何より美しい。

これでは、大関も一目ぼれしてしまうはずです。

加えて、大関夫妻はとにかく仲がいい。

ボケる大関に、つっこむ奥様。

しかし、気付くと大関に寄り添っている奥様の姿。

気取ったところが全くなく、本当に親しく話してくださって感激しました。

そして、

大関曰く、「奥さんのほうがボクより大きいよ。いつも彼女の前ではチイサイよ。」

茶目っ気たっぷりの大関の会話にその場がとても和んだのは言うまでもありません。

ご夫妻とも、サービス精神旺盛で、とても気さくに会話もしてくれ、

温かく迎えていただき、心から感激しました。

ありがとうございました。

ちなみに、大関夫妻は、これから東北の被災地に2度目のボランティア活動に向かわれるとのこと。

すでに1回目は終了していますが、あまりボランティアが集まらない場所を選んで向かわれるとのこと。

頭が下がります。

到着したときには絶望感でとっても落ち込んでいたその地域も、大関のパワーで帰る頃にはみんなの顔が笑顔でいっぱいだったとおっしゃっていました。

やっぱり大関のあの大きな体とそれよりも大きな心が、人々に安心感を与えているのでしょう。

最後に、大関の大きな大きな手で握手をしていただきお別れです。

僕自身大関と奥様の温かい心と大きな心に包まれ、とても有意義な時を過ごすことができましたが、東北にボランティアに向かわれる話を聞いた時に、一緒にボランティアに行かせてくださいと言えないとっても小さい自分にも情けなくなりました。

今、僕達ができること。これから僕達がやらなくてはいけないこと。

あらためて、考えます…。

ところで、食事をした場所は…、

東京ベイコート倶楽部は中国レストラン、『眺遊楼』でした!

Scroll Up