index.php

ラグビー早慶戦

公開日:2011年11月24日 

11月23日は、大学ラグビー『早慶戦』!毎年同じ日にこの伝統の一戦は行われます。

今回も、東京は秩父宮ラグビー場で観戦してきました。

やっぱりこの試合は特別な空気がありますねえ。

早稲田と慶応。お互いのプライドをかけた戦いに、約2万人の観客が詰め掛けました。

 

試合はというと…、

早稲田の一方的な展開。

54-24で早稲田の勝利!

慶応の魂のタックルは最後まで見られなかったなあ。

選手は一生懸命練習してきたはず。おそらく、試合中も渾身のタックルをして、頑張っていたことでしょう。

でも、観戦していてとっても残念なことが!

僕の後ろの座席のかなり高齢の男性3人組。

お酒をガブガブ飲み、大声で騒ぎたて、贔屓のチームが劣勢になると、「○カヤロー」とか…。

いい年した大人が本当に見苦しく、周りの人たちも迷惑してたなあ。

やっぱり最低限のマナーが必要かと。

選手達は精一杯ファイトしてましたから。

最後は、お互いを称え合いノーサイド!

これが元祖『ノーサイド』

神宮外苑の銀杏並木は、まだ黄金色に色づいていませんでしたが、毎年この時期にここに来ると、「今年もそろそろ終わりだな」と、そう思う。

今年の早慶戦は大差がついてしまいましたが、ポイントは”最後の砦”の存在でした。

一番後ろで守っている人の安定感が、チームメイトに最高の安心感をもたらしていました。

 

早稲田の15番。

実は、ディフェンスがすごくいいんですよね(専門的になってしまいますが)。

いずれにしても、最後の砦がしっかりしていれば、周りは安心して対応できるんですね。

これって、会社も家庭も同じかな?

僕もそんな砦になれるようにガンバリマス!

まだまだ、危なっかしい砦ですけど…。

 

 

 

 

Scroll Up