index.php

コノシロ

公開日:2011年12月2日 

快晴の空の下、子ども達と昼から出陣!

さあ、何が釣れるかな!?

相変わらずターゲットも決まらず、適当に竿を出し、気長に待つ!

この日は、天候もよく、同じような家族連れが結構いたなあ。

こんなふうに時の流れに身をまかせての釣りはやっぱり気持ちいいね♪

ところが、今回はなかなか反応がない。

「今日はダメかな?」

と、昼ごはんを食べながら、気長に待ちますか。

マックのハンバーガー食べながら。

相変わらず、普通に美味いね!

すると…、

ついに来たっ!!

コノシロです♪

結構強い引き!

コノシロは、シンコ→コハダ→ナカズミ→コノシロと成長していく出世魚。

お寿司屋さんでは、コハダがネタとしてはメジャーですね。

やっぱり釣りは釣れないと面白くないわ。

ここから、コンスタントにあたりがあり、末娘も結構釣り上げました。

つまり、それほど技術はなくても…。

まあ、何か釣れればね、それでいいんですよ♪

戦略?戦術?

何~にもありませんけど、大切にしたいのは、今子ども達とここに一緒にいるということ。

同じ景色見て、同じ空気吸って、楽しんだり、悔やんだり、泣いたり、笑ったり。

そして、全然釣ってない親父は子どもに鼻で笑われ…。

そんな時間がすごく貴重に感じます。

企業も家族も、ブレずに、共通した信念持って、目的地は同じ方向向いて前進したらきっと強いはず。まあ、実際はあっち向いたり、こっち向いたりですが。

まだまだ先は長いけど、僕も1人じゃここまで来てないし。

背負って、背負われて、励まし、励まされ、そして、最後のところで頑張れる勇気が沸いて、ブレない覚悟が培われる。

ガンバロッ!

今年もあと1ヶ月だし。

ところで、どうですか?きれいでしょ?

右上の丸々と太いのは、誰かのお腹周りと一緒?

体の成長と共に名前が変わる出世魚のコノシロ。ちなみに、その成長と共に、市場での価値は下がり、キロでシンコの20分の1にもなるのだとか…。

 

どこかの親父と一緒だな?

まあ、一概に外れてるとは言えませんが。

ただし、コノシロとは、子どもの身代わり→子の代→コノシロ。

という由来があるそうで、ただ図体がデカイだけではないんですよ!

コノシロのように、体を張って、子どもを守れるような、勇気のある親父になりたいものです。

 

しかし…、

コノシロには、とにかく小骨が多い。

捌きにくく、喉にひっかかったり、舌に残ったり。素人にはとにかく扱いにくい魚でした。

んっ?

どこかの親父と同じ??ウザい???

そうかもね。

だって、今回の釣りでコノシロが親父(自分)とダブって、愛着沸いちゃったから。

 

 

 

 

 

 

 

Scroll Up