index.php

二重橋

公開日:2012年3月14日 

皇居に行って、二重橋って言ったら、コレですよね!

「→二重橋」って書いてあって、正面見たら、

存在感のある二重のアーチ状の橋が!

「あ~、これかあ」

もしくは、中国語?韓国語?みんなこの橋をバックに記念撮影。

当然ですよね。

しかし、実はこれ、二重橋ではないんですよね?

知ってました?

まあ、皇居というと修学旅行で行く位。地域によっては行かない人も多いのかな?

正しいのは、こちら!

これが二重橋ですよね。

本来の名称は「正門鉄橋(せいもんてつばし)」と言います。

先ほどの橋は、「正門石橋(せいもんいしばし)」。

この二重橋は、先ほどの正門鉄橋のちょうど奥に重なるようにかかっているので、パッと見ると分かりません。

実際、本来の二重橋を見ないで帰ってしまう人が多かったなあ。

ちなみに、僕も以前はそうでした。

確かに、正門石橋見れば「二重橋」だと思いますよね。

この存在感ですから、間違えますよね。

実際、観光客の方が

「二重橋って正面のですか?」

って警備?警察?の方に質問してましたけど、当たり前のように、前方を指差してましたから。

確かに!間違えてない!

 

でも、正確には、

「あの二重橋らしく見える橋の、奥の正門鉄橋が本来の二重橋です。」

が、正しい説明ですね。

今度お暇な方は見て確認してください。

東京駅からも歩いてスグですからね、皇居は。

まあ、そんなことしている僕もお暇な人なんでしょうか?

たまたま、お客様が皇居の目の前の企業でしたので。

決して遊んでいるわけではありませんよ。

 

しかし、こんな写真ばかり見ていれば、仕事しているようにはとても思われませんね。

これは、「天守台」

ここにかつては江戸城があったんですね。

先日行った大阪城の荘厳さも良かったけど、これはこれで感慨深いものがありますね。

そして、ここからの景色も圧巻です!

古いものと新しいもの。

都会のビル群と広大な自然。それも東京のど真ん中。

ここには、様々な鳥たちも憩う自然がいっぱいです。

東日本大震災の追悼式で、心臓手術後にも関わらず、公務を遂行された天皇陛下がここに居るのかと思うと、感慨深いものがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Scroll Up