index.php

『愛は勝つ』 グランドエクシブ軽井沢 客室の一部をご紹介

公開日:

エクシブ軽井沢パセオ(以下、パセオ)のロビー

見えない敵との闘いは、まだまだ今後も続いていくのでしょう。

今、世界中の人たちが、その壁を乗り越えようとしています。

とにかく、特効薬とワクチンの少しでも早い開発と実用化が待たれるところですが、今は私たちがそれぞれ出来ることを粛々と行うのみですね。

エクシブ軽井沢サンクチュアリ・ヴィラ ムセオ(以下、ムセオ)のロビー

そこで、今の私に出来ることは何だろうか?

主にベイコートシリーズと離宮シリーズ以外は、5月31日まで臨時休館が延長されている中で、エクシブに関して、少しでも明るい話題を提供させていただくことが、今の私にできることではないかと考えました。

世の中が落ち着きを取り戻し、臨時休館が解除された際、またエクシブやベイコートで素敵な想い出を作っていただけるよう、過去の映像ではありますが、少しずつ攻略術にアップしていきたいと思います。

エクシブ軽井沢本館(以下、本館)の外観

そこで、今回はグランドエクシブ軽井沢の客室の一部をご紹介させていただきます。

パセオ ECタイプの和洋ルーム(定員5名)

まず最初の客室は、パセオのECタイプの和洋ルームです。

定員は5名ですので、ご家族でご利用になる時は便利ですね。

そして、このリビングの後方にあるのがベッドルームです。

大きな窓から差し込む朝陽で迎える朝は、本当に至福の時間です。

モダンテイストの和室では、ゆっくり寛げそうです。

全体的な色合いも落ち着いた装飾ですから、心からリラックスできることでしょう。

全体的に窓が多いので、庭に広がる四季折々の景色も愉しめますね。

ソファに腰を下ろし、ゆっくり流れる時間を体感してください。

パセオ ECタイプの1ベッドルーム(定員2名)

こちらは、ECタイプの1ベッドルーム(定員2名)です。

ゆったりとした造りになっていますから、上質なホテルライフを思う存分味わっていただけます。

やはり、こちらも客室から季節の彩りを感じることができますね。

こんなところなら、ゆっくり読書をしてみたくなります。

勿論、子供たちが幼い時はそんなことはできませんでしたが(笑)

パセオ CBタイプの和洋ルーム(定員5名)

こちらは、CBタイプの和洋ルーム(定員5名)です。

スタンダードグレードになりますが、十分広い印象を持たれるのではないでしょうか?(約67㎡)。

パセオの特徴としては、とにかく客室から眺める景色を愉しむことにつきますね。

本館のスタンダードルームも味わい深いものがありますが、パセオも軽井沢の彩りを思いっきり満喫できることと思います。

こんな景色をより多くの皆様に観ていただきたいですし、エクシブの魅力をもっと多くの方々に体感してほしいと思います。

再開予定は6月1日となっていますが、果たしてどうなるだろうか?

今年の夏は特別なシーズンになりますが、ここにたくさんの笑顔が戻ってきてくれることを心から願います。

続いては、本館の客室をご紹介します。

ちなみに、こちらは私のお気に入りのラウンジです。

こちらの佇まいは、竣工から30年経った今でも色褪せることがなく、むしろ、その存在感はさらに増しているように感じます。

本館 スイートグレードのC1タイプ(定員5名)

本館では、スイートグレードのC1タイプのご紹介をします。

こんな客室のレイアウトは、今のエクシブやベイコートにはありませんよね。

こちらは私個人の好みが強い客室で、全エクシブの中でも好きなタイプの上位にランクされています。

この部屋を訪れると、当時の人々の軽井沢への思いが凝縮された造りになっていることが想像されます。

本館の2階に配されたこのタイプは、天井も高く、開放的な空間になっています。

こちらも、客室から外を眺めたくなるような造りになっていますね。

パセオも良いのですが、こんなテイストのエクシブがお好きな方って、結構多いですよね。

だから、エクシブ伊豆や、エクシブ淡路島など、これまでエクシブを支えてきたホテルには、これからも末永く愛されるホテルであってほしいものです。

軽井沢の爽やかな風と、鳥のさえずりに包まれながら、またここで朝のコーヒーを飲みたいですね。

最後は、ムセオです。

パセオも同様ですが、ここムセオにもドギールームがあるので、ワンちゃんと過ごしたい方にはオススメのエクシブです。

ただ、部屋数に限りがありますので、お気を付けください。

【ドギールーム】とは?

愛犬と一緒に宿泊できる専用客室のことです。

→よろしければ、こちらの記事もご覧ください。
エクシブ攻略術:【愛犬と過ごせる休日】エクシブ軽井沢ムセオ

→ご参照:エクシブ軽井沢パセオの「愛犬利用規程」はこちら

ムセオ Sタイプの和洋室(定員5名)

シンプルモダンの典型のような構成ですが、温かい雰囲気をお好みの方なら、今回は写真はないのですが、エクシブ軽井沢サンクチュアリ・ヴィラ(以下、サンク)のほうが好まれるかもしれません。

サンクとムセオは、お好みは分れるかもしれません。

やはり、こちらにも大きな窓が和室・洋室ともに配されています。

ムセオ Sタイプのドギールーム

ドギールームは、こんな感じのケージも用意されています。

もちろん、ケージはご持参されても構いません。

バスルームは、Sグレードの象徴ですね。

ここに来れば、非日常の世界に浸るには時間はいりません。

これからベストシーズンを迎える軽井沢ですが、ホテルスタッフの方々も、たくさんの笑顔が帰ってくることを待っていると思います。

きっと再開の日は、これまでにない格別なお出迎えになることでしょう。

加えて、会員制としてのホテルの在り方と、エクシブの存在価値を再認識する機会になるに違いありません。

私たちに、今できることを冷静に考え、少しずつ日常を取り戻していきたいものですね。

◇◆◇

それでは、冒頭でも触れましたが、私に出来ることは、明るく、元気の出る話題を提供することなので、皆さまにも明るく、元気になる音楽をご提供いたします。

長男が、この3月に卒業した高校の先生方のテレワーク合唱です。

よろしければお聴きください。

ご感想・ご質問などございましたらこちらのコメント欄にご記入ください。
いただいたコメントにお返事を付けさせていただきます。
また、質問等はフリーダイヤル:0120-939-134 でもお受けしております。(土日夜も対応)どうぞお気軽に!

Scroll Up