エクシブ鳴門 体験レポート③

・「エクシブ鳴門 体験レポート①
・「エクシブ鳴門 体験レポート②
・「エクシブ鳴門 体験レポート③
・「エクシブ鳴門 体験レポート④
・「エクシブ鳴門 体験レポート⑤

夏のエクシブ研究!
エクシブ鳴門 体験レポート③
(2日目前半)
瀬戸内のきれいな海

①朝のエクシブ鳴門 ゴルフ場脇で素振り

エクシブ鳴門 ゴルフ場

エクシブ鳴門 ゴルフ場

 旅に出ると、どうしてもいろんなことがルーズになる。その土地のおいしそうなものを目にすると、つい。お酒も出されると、つい。「まあ、こんなときくらいいいじゃないか!」と普段よりどうしてもカロリーオーバーになりがちです。
 そんな時は、歩いて、歩いて、時々走って、少しでも体重を落としたいところ。散歩がてら、朝のエクシブ鳴門内を散策です。途中、ゴルフ場脇で素振り。大してうまくもないくせにゴルファー気取り。「俺もすっかり親父の仲間入りか!」でも、自他共に認める正真正銘のオジサン。もう僕も40歳が目の前になってきたんだから。体のケアもしないとね!そういえば、最近は飲んでも若い頃の会話ではなくなってきたなあ。病気の話、メタボの話、でも飲んだら愚痴を話すのは嫌いなのでなるべくしないようには心がけてる。やっぱり基本的に前向きな話が好きだから(みんなそうだけどね)。
 ということで、散歩した後体重計にのり、軽く落ち込んだ後は気持ちを切換え1日のスタートです!朝食は和食を食べ、いよいよ出発です。ちなみに、和食レストラン『初海』からの景色も絶景!瀬戸内海を見下ろすようにテーブルが配置され、1面ガラス張りなので瀬戸内海を一望できます。ただし、人数や時間的な都合で窓側に案内されないこともあるかと思いますのでご理解ください。

②「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ地・庵治町(あじちょう)を目指します!

映画のロケ地案内

映画のロケ地案内

 イルカと泳ぐ予約を午後1時にしてありましたので、それまで少々時間があります。そこで、前回鳴門に来たときにそのきれいな海の色が印象に残っていた場所があったので、その場所を目指します。その場所とは牟礼町と庵治町。エクシブ鳴門からは一般道で約1時間弱。少しでも時間短縮したい方は高速をオススメします。ただ、僕は知らない町の風景をゆっくりと見ながら運転するのが好きなので、今回は一般道で行きました。渋滞も特にない地域だと思います。

王の下沖防波堤 息子をモデルに撮影しました

王の下沖防波堤 息子をモデルに撮影しました


王の下沖防波堤

王の下沖防波堤

 まず、その海岸に行く前に寄ったのが、タイトルの「世界の…」のロケ地。白血病を患った長澤まさみ演じる主人公と周囲の人々との人間関係を描写した映画で、ドラマ化もされました。そして、そのロケ地となったのが『庵治町(あじちょう)』です。のどかな港町といった雰囲気のこの地は監督さんがここを好んだ理由もわかるような気がします。さらに、行くとわかるのですが、町全体がこの映画のロケ地であることをPRしていて至る所に案内の看板があったり、「世界の…」にまつわる展示場があったりします。

重蔵の写真館

重蔵の写真館

 そして僕たちも数あるロケ地のうち、『王の下沖防波堤』と『重蔵の写真館』を見てきました。なるほど行ってみると、納得の雰囲気!特に防波堤はここに拘った理由がよくわかります。映画を観た人もそうでない方もオススメです!ただし、ロケ地はこの地域に何ヶ所もありますが、全部行く必要はなく、今回ご紹介した2ヵ所でもよいのではないかな?とも思います。

③瀬戸内のきれいな海

 次は先述したとおり、前回来たときに感動した海岸を目指して車を走らせます。といっても、場所は定かでなく、この辺じゃなかったかなあ?と多少冒険のつもりで車を走らせます。(運転には気を付けながらですが)
 でも、旅ってそれくらいのほうが楽しいような気もします。全て計画通りより多少ハプニングがあってもいい。もちろん、仕事だけはそのような事がないように心がけています!

 そうこうしている内に海岸に到着しました。場所は、庵治町文化会館や郵便局を右手に見ながらそこから約15分ほど車を走らせると海水浴ができそうな所が目に入ってきます。だいたいそこです。近くに目印になるようなものがなく、このような表現しかできなくてごめんなさい。なので、参考になるかどうか分かりませんが、動画も貼り付けておきます。お聞き苦しいコメントも入っておりますがそこはご勘弁を!

④さぬきうどんの超有名店を越えた”地元の”うどんやさん

地元の方で大賑わいの大谷製麺所さん

地元の方で大賑わいの大谷製麺所さん


 1日目は旅行雑誌や映画でも真っ先に紹介されるような超有名店2店に行ってさぬきうどんを食しました。で2日目、今度は予定通りほとんど紹介されていない(僕が知らないだけかも)お店でさぬきうどんを食べることにしました。そして訪れたのは『大谷製麺所』というお店です。実は前回も来て、とても美味しかったのですが、名前を忘れていたのと、ネットでもすぐに見つからなかったため、もしまだ存在していれば行こうか?という感じで行ってみることに。このさぬきうどんの業界も生存競争が激しいようで、知れべていくと結構閉店しているお店をみかけます。
 そして、大体この辺かな?という感じで車を走らせると、ありました!なんだかとっても嬉しい!

本当においしいです

本当においしいです。

 なんとお店の駐車場は車で一杯でした!大混雑を予感させましたが、店前には行列はなく、なぜだろうと店内に入ってみると、なんと約10人ほどのお客さんが店内で並んで待っていたのでした。
 なぜか!?実はこの店、ご主人が店内で麺を打ち、その横で麺を茹で、そして茹で上がったものをそのままお客さんに提供しているんです。それもご主人1人で全て仕切っているのがスゴイ!つまり、正真正銘の出来立てのうどんを出してくれるため、茹で上がりを待っているお客さんがたくさんいたのでした。今回注文したのは、
茹で上がりをそのままいただけます

茹で上がりをそのままいただけます

 

  • 冷かけ(小)150円×2
  • しょうゆ(小)180円×2(On The 温泉玉子80円×2)
  • しょうゆ(中)230円×1(On The 温泉玉子80円×1)
  • 天ぷら6種(ナス・芋・カボチャ・ハス・かにかま・メンチ)各100円
  • 合計 1,730円


 味は、「本当にうまいっ!!」です。僕の中では今回の中でBEST1です。他におにぎりやおいなり、太巻きもあり、言うことなしで価格も5人でこの価格なら大満足です。

天ぷらも大満足の大谷製麺所さん

天ぷらも大満足の大谷製麺所さん

 もちろん、他の2店もおいしかったけど、地元密着型のお店でおいしいというのが何より。それが証拠にこのお店の客層は、近くの建設作業員風な人たち・学生・サラリーマン・地元の女性らしき人が1人で来店など、ほぼ僕たち以外は地元の方々です。車のナンバーを見れば分かります。逆に有名店はほぼ県外ナンバーで地元の車はなし。なぜか?有名店は旅行雑誌を見てくる人がほとんどだからです。(常連さんではないので店員さんとお客さんの会話はほとんどなくちょっとさみしい感じですね。。。)
 逆に地元密着店はその地域の常連さんばかり。つまり味で勝負、接客が重要、だから店員さんとの会話もあります。様々な見方があるので一概に言えませんが、今回勝手に僕の感想述べさせてもらいました。
 そうは言っても、個人的には今回の3件は全て大満足!どのお店もそれぞれ特色があって良かったです。是非、エクシブ鳴門を訪れた際はお立ち寄りください。ルート的にも良いと思います。是非ご参考に!

次回は2日目後編、イルカ達との触れ合いイベントを動画でご紹介いたします!
すごい映像が撮れました。必見です!

→「エクシブ鳴門 体験レポート④

東京ベイコート倶楽部 買い取り・販売開始いたしました お客様ご紹介 Y様 お客様ご紹介 浅野様
 
 ご不明な点はどんなことでも結構です、お気軽に
0120−939−134】(土日夜も対応)もしくは、お問い合わせメールまでどうぞ!

(株)ALIVEの詳細
大久保篤のプロフィール

(株)ALIVE代表 大久保篤
多く読まれている記事(7日以内)
  1. エクシブ箱根離宮に行って来ました!
  2. サンメンバーズ ホリデークラブ 個人会員(保証金30万円 全日券20枚・平日券10枚)
  3. エクシブ鳴門 体験レポート②
  4. エクシブ鳴門 体験レポート⑤
  5. 安心できるカウンター【エクシブ山中湖・天婦羅割烹】
  6. ③エクシブ所有権、どれがいい?
  7. ②エクシブ所有権、どれがいい?
  8. グランディ軽井沢ゴルフクラブで絶景を堪能!
  9. エクシブ箱根離宮 2010春レポート総括
  10. エクシブ蓼科でスキー 親父と息子の二人旅
Scroll Up